[緊急開催] 地域包括ケア時代に求められるデイ・総合事業対応セミナー

名称 【緊急開催】地域包括ケア時代に求められるデイ・総合事業対応セミナー
主催 日本通所ケア研究会
日時 2020年2月29日(土)13:15~18:00
場所 新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市港北区新横浜3-4)
・東海道新幹線(JR東海)・JR横浜線(JR東日本)・市営地下鉄「新横浜駅」3番出口から徒歩約2分
内容 【第1講演】13:15~14:45
総合事業の最新動向の各論
~デイは「総合事業」とどう向き合うべきか~
講師:服部 真治氏(医療経済研究機構研究部 主任研究員/研究総務部 次長)
(内容)
・地域包括ケアシステムと介護予防・日常生活支援総合事業
・2040年を展望した社会保障・働き方改革、健康寿命の延伸、社会参加による介護予防
・デイサービスには何が期待されているのか
・短期集中予防サービス
・最新動向への対応 ほか

【第2講演】15:00~16:30
次期改定に向けたデイの構築
~通所系サービスが取り組むべき自立支援・アウトカムの質的向上~
講師:小室 貴之氏(株式会社楓の風 代表)
(内容)
・残された人生がマシンを使った機能訓練に明け暮れる日々で終わらせて良いのか?
・国が推進する「自立支援」「重度化防止」のために取り組むべきこと
・身体機能の改善だけの「自立支援」に留まらないためには
・生活機能を改善し高齢者の社会的自立支援に取り組むためには
・効果を出せるデイになる=ケアマネ、本人、家族への信頼が大幅UP=稼働率が上がる ほか

【第3講演】16:45~18:00
2040年デイが日本を救う!本物のデイとその進化
~地域包括ケアから地域包括支援への発展と共に~
講師:妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役/日本通所ケア研究会 会長)
(内容)
・「利用者はいるけど、職員がいない」…人材不足による激変(社会の変化)
・「地域ケア」「包括ケア」の推進!その方向性は…制度改革による激変(制度の変化)
・次期改定での基本報酬削減は規定路線!?…財源困窮による激変(制度が求めるもの)
・「地域包括報酬」これから制度が大きく変わっていく、その内容
・効果を出す事業所への加算、何を「効果」とするか、求められるものはそれぞれ違う
・本物のデイになる~今、デイの分岐点&最新のデイ情報~
・保険外サービス解禁で大きく変わるデイ、その他サービス ほか
詳細URL https://www.tsuusho.com/day/
対象 介護事業経営者、居宅・通所系サービス従事者、自治体関係者
学生の
参加可否
参加可 
参加費 12,000円(税・資料代込)
定員 60名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/day/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可能
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7712/