Return to 一般社団法人神奈川県作業療法士会の活動について

会長あいさつ 2020年

2020年度会長挨拶

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之 日頃は当会へのご協力、ご支援ありがとうございます。今年度の取り組みにあたり一言ご挨拶させて頂きます。

 昨年度末より拡大し続けているcovid-19に対して、会員の皆様をはじめ多くの県民、そして多くの国民の皆様がそれぞれの立場で、感染対策や事業の継続にご尽力されていることと存じます。神奈川県作業療法士会も同じであり、出口の見えない脅威、刻々と変化する脅威に都度対応を迫られており、多くの活動も制限されています。2019年度においても取り組めなかった計画があります。2020年度も新規計画がありますが、現状では多くが先の状況を見極めながら中止あるいは延期を余儀なくされています。

 そんな中、多くの自粛や活動制限という経験を経て未来に向けた取り組みの可能性も見出すことが出来てきたと感じています。インターネットを経由したWebの実効性に今更ながら実感をもちながらその可能性に気付きました。

 2020年度はエリア化の実現に向けた取り組みを中長期目標の中でも取り上げています。神奈川県はご存じのとおり、大都市部とベッドタウンそして自然豊かな郊外が存在します。交通網、医療体制、人口も大きく異なります。よく神奈川県は全国の縮図であり神奈川で出来た事は全国の模範になる、なんてことも聞きます。神奈川県でのエリア化への取り組みとは、まさに全国の模範になれるような取り組みにしたいと考えていました。Webの可能性についてはこの計画の当初より検討はしていましたが、実現性については少しの疑問がありました。しかしながら、covid-19を経験する中で多くの皆様がWebでの“何か”を体感したことと思います。

 また“stay at home”を経験し、家でどのように健康的に過すか、趣味活動や自主的な取り組みの大切さ、言い換えれば我々作業療法士が大切にしている言葉「生活行為」の大切さについて考えている会員の皆様もいるのではないかと感じています。

 Covid-19の終息はまだまだ先が見えません。しかしながら神奈川県作業療法士会は、この経験を次世代の取り組みに必ず活かすという強い信念をもって今期1年取り組んでいきます。今期で現役員体制は終わりますが来期に向けては多くの建設的な課題を残したいと考えます。引き続きよろしくお願い致します。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/movement/chairman-2020.htm

会長あいさつ 2019年

2019年度会長挨拶 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之 日頃は当会へのご協力、ご支援ありがとうございます。今年度の総会、そして臨時理事会を経て会長に就任いたしました錠内です。前期に引き続きどうぞよろしく …

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之

会長あいさつ 2018年

県民の健康と幸福(こうふく)の促進を目指して 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之 神奈川県作業療法士会会員は、今年度で2,000名を超えてきました。作業療法士は全国47都道府県に存在しますが、神奈川県は全 …

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之

会長あいさつ 2017年

県民の健康に寄与した取り組みを目指して 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之 神奈川県作業療法士会もいよいよ2,000名を超える会員を有する組織となりました。近年では、年間150名からの新入会員が新規に加入 …

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之

会長あいさつ 2015年

4代目会長就任 ~新体制に向けて~ 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之  今期より会長(代表理事)となります。当会は1981年11月17日に設立され、会長としては4代目となります。どうぞよろしくお願いしま …

会長

会長あいさつ (H27.3まで)

一般社団法人神奈川県作業療法士会会長 渡邉愼一  神奈川県作業療法士会のホームページにようこそお越しいただきました。  神奈川県作業療法士会は、社団法人日本作業療法士協会の県レベルでの組織として1981年(昭和56年)1 …