会長あいさつ 2018年

県民の健康と幸福(こうふく)の促進を目指して

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之


一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之神奈川県作業療法士会会員は、今年度で2,000名を超えてきました。作業療法士は全国47都道府県に存在しますが、神奈川県は全国で5番目に多い会員を有しています。ベテランも多いのですが、特徴的なのは若い世代と一人職場の作業療法士が多いということです。

作業療法が必要とされる領域は年々広がっていますが、それを充足するだけの作業療法士が足りていないのです。これだけ言ってしまうと、表題で掲げている事と反対になってしまうでしょうか。

作業療法には、人を笑顔にする術があります。人が活き活きと生きていくためにはモチベーションが必要です。そのモチベーションを作業療法士は丁寧に探っていきます。時にはモチベーションを提供します。そんな作業療法の核を大切にしながら、“県民の健康と幸福の促進を目指す”ために、神奈川県作業療法士会の取り組みを展開していきます。

とりわけ今期は、ブロック化に向けての検討を本格稼働させていきます。神奈川県には現在33の市町村が存在し、政令指定都市が3市指定されています。これが11地域の2次医療圏で分けられています。ここ数年来、我々医療・福祉を取り巻く環境において叫ばれている“地域包括ケアシステム”の構築においては、各医療圏をはじめとして、もっと狭小な範囲での横の繋がりを重視しています。これは我々医療・福祉従事者のみならず、地域住民も巻き込んだ取り組みが期待されているということです。神奈川県作業療法士会としても、ブロック化する事で、県民に対してもっと近い存在として、地域住民の皆様を笑顔にできる取り組みについて具体的に検討していきます。

課題は山積しておりますが、引き続き温かい目で神奈川県作業療法士会を見守って頂ければ幸いです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/movement/chairman-2018.htm

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之

会長あいさつ 2015年

4代目会長就任 ~新体制に向けて~ 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之  今期より会長(代表理事)となります。当会は1981年11月17日に設立され、会長としては4代目となります。どうぞよろしくお願いしま …

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之

会長あいさつ 2017年

県民の健康に寄与した取り組みを目指して 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之 神奈川県作業療法士会もいよいよ2,000名を超える会員を有する組織となりました。近年では、年間150名からの新入会員が新規に加入 …

会長

会長あいさつ (H27.3まで)

一般社団法人神奈川県作業療法士会会長 渡邉愼一  神奈川県作業療法士会のホームページにようこそお越しいただきました。  神奈川県作業療法士会は、社団法人日本作業療法士協会の県レベルでの組織として1981年(昭和56年)1 …