Tag Archive: H29/8

第91回横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会 New!!

名称 第91回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
主催 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
日時 2017年8月19日(土)9:30~12:00
場所 大倉山記念館 3階 第4集会室
http://o-kurayama.com/access/
内容 「患手管理方法を再検討したケース ―第三者の介入が必要と認識するに至った症例―」
回復期病院、施設入所を経た脳血管障害の症例について、それぞれの期を担当したOTのプレゼンテーションをもとに症例検討を行います。
対象 OT, PT, ST, 心理など
学生の
参加可否
参加可
参加費 会場費として50~100円集めます
定員 36名
申込み方法 下記にメールでお申し込み下さい
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
申込み締切 定員になりしだい
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5459

関節可動域制限の発生メカニズムとそれに対する運動療法の考え方~東京会場~ New!!

名称 関節可動域制限の発生メカニズムとそれに対する運動療法の考え方~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年8月6日(日)
10:00~16:00(受付9:30~)
場所 全国家電会館 5階 講堂(ホール) 
東京都文京区湯島3丁目6番地1号
内容 【講師】
沖田 実 先生
長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 リハビリテーション科学講座
運動障害リハビリテーション学分野 教授・理学療法士

【講義概要】

臨床において関節可動域(以下,ROM)制限は極めて発生頻度が高く、
その重篤化はADL制限やQOL低下を招くことから、
その対策はリハビリテーション(以下,リハ)の重要課題である。

ROM制限を引き起こす原因としては、拘縮や強直、筋収縮、脱臼偏位、
関節内遊離体など様々なものがあげられるが、その中で、リハによって
改善が期待できるものは拘縮と筋収縮である。

周知のように、筋収縮に関してはリハの様々な治療戦略によって即時に
軽減させることが可能で、これに由来したROM制限に難渋することは少ない。
一方、拘縮は皮膚や骨格筋、関節包などの関節周囲軟部組織が器質的に変化し、
その伸張性が低下したことで生じたROM制限であり、病巣部位も多岐にわたるため
治療に難渋することが多い。

そして、これらの組織には共通してコラーゲンの増生に伴う線維化の発生が
認められ、これが拘縮の発生メカニズムに寄与しており、
最近はその分子機構の解明も進んでいる。

そこで本講義ではROM制限、特に拘縮の発生メカニズムに関する最新知見を紹介し
運動療法を含んだリハビリテーションの考え方について私見を交えながら概説する。
詳細URL https://www.gene-llc.jp/semina……877-553856
対象 理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他
学生の
参加可否
参加不可
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください
https://www.gene-llc.jp/semina……877-553856
申込み締切 開催日前日まで
生涯教育
ポイント
日本理学療法士協会 認定理学療法士 及び 専門理学療法士制度
基礎理学療法専門分野 基礎(全領域) 履修ポイント5 認定
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5441

千葉県作業療法士会学術部発達障害委員会平成29年度研修会 New!!

名称 千葉県作業療法士会学術部発達障害委員会平成29年度研修会
主催 千葉県作業療法士会学術部発達障害委員会
日時 8月20日(日)10時~15時(受付9時30分)
場所 千葉県立保健医療大学 幕張キャンパス B棟
干葉県千葉市美浜区若葉2-10-1
(JR京葉線海浜幕張駅・JR総武線幕張駅・京成線京成幕張駅より徒歩10~15分)
※なるべく公共の交通機関をご利用ください。
内容 特別支援教育における作業療法(OT)の具体的活用
(ホームページをご確認ください)
詳細URL https://www.chiba-ot.ne.jp/eve……vent/1457/
対象 作業療法士、教育関係者、等
学生の
参加可否
参加可
参加費 午前無料
午後1,000円(県士会会員、非会員の場合は1,500円)
定員 100名
申込み方法 ホームページを確認頂き、メールにてお願い致します。
申込み締切 8月15日(月)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 千葉県作業療法士会学術部発達障害委員会
chiba_ot_development@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5439

車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~ New!!

名称 車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2017年8月19日 (土) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「移乗のときに危ないけど機械は苦手…」「ブレーキが効かない!臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。車椅子のメンテナンスを実演します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。
講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。
<プログラム>
●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応。パンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、 看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可
参加費 8000円(メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=51596
申込み締切 2017年8月16日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5437

高次脳機能障害セミナー(理解編) New!!

名称 高次脳機能障害セミナー(理解編)
主催 (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 平成29年8月26日(土) 10:00~16:30
場所 神奈川県総合医療会館 (横浜市中区富士見町3-1)
市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅 徒歩3分
内容 高次脳機能障害セミナー理解編では、長期的な支援を踏まえて、医療でのリハビリテーション、地域生活、社会参加といったプロセスの中で、高次脳機能障害の状態に合わせた支援について、当事者や家族の体験を交えてわかりやすく解説します。
詳細URL http://www.chiiki-shien-hp.kan……hab.or.jp/
対象 「脳外傷等による高次脳機能障害児」に関心のある医療・福祉・行政関係者・患者家族等
学生の
参加可否
参加可
参加費 1,000円
定員 200名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5430