Tag Archive: H29/8

横浜CBTに集う会「マインドフルネスの夜」

名称 横浜CBTに集う会「マインドフルネスの夜」
主催 横浜CBTに集う会
日時 平成29年8月24日(木)19~21時
場所 ウィリング横浜オフィスタワー11階会議室II
内容 テーマ:「マインドフルネスの夜」

話題提供者:魚岸 実弦 さん (作業療法士 横浜舞岡病院)

内容:真夏の夜をマインドフルに、落ち着くひと時を過ごしましょう。
セッション1:基本の「マインドフルネス呼吸法
セッション2:他人に対する慈しみを育てる「優しさのマインドフルネス」
セッション3:「食のマインドフルネスエクササイズ」
おまけ:想いをつづる「マインドフルネ詩」

参加要件:どなたでもご参加できます(当日お気軽にお越しください)

事務局より
 当会は2007年より作業療法士の有志が中心となり運営しています。月に1回の頻度で、ゆるやかに認知行動療法や広く精神医療福祉分野に関連したテーマで勉強しています。参加者は、作業療法士、精神保健福祉士、ピアスタッフ、臨床心理士、看護師、当事者、一般の方など、枠にとらわれず様々な方にお集まりいただいています。毎回15名前後ですが、初めての方も温かくお迎えいたします。事前の連絡は不要ですので、当日お気軽にお越しください。ご質問などは、「お問い合わせ」からメールでご連絡ください。
詳細URL yokohamacbt.jimdo.com
対象 どなたでもご参加できます
学生の
参加可否
参加可
参加費 500円
定員 15名程
申込み方法 当日お越しください
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 当会HP「お問い合わせ」よりご連絡ください

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5561

運動のつながりから導く肩の運動機能

名称 運動のつながりから導く肩の運動機能
主催 (公社)神奈川県理学療法士会
日時 平成29年8月29日(火)
受付開始:18:30~
研修会:18:45~21:30
場所 関内ホール 大ホール(横浜市中区住吉町4丁目42-1 )
内容 肩関節の運動は複数の関節が、肩複合体というユニットを形成し遂行されます。したがって、肩関節疾患の治療を行うためにはそれぞれの関節がどの様な繋がりを持って機能しているのかを知らなければなりません。今回は肩関節運動に関与する関節の機能と各関節機能のつながりから、肩複合体としたの肩関節の運動機能についてお話しします。
【講師】千葉 慎一氏(昭和大学病院)
元読売ジャイアンツ専属トレーナー、日本肩関節理学療法研究会幹事
詳細URL http://pt-kanagawa.or.jp/membe……t-889.html
対象 作業療法士会 会員
学生の
参加可否
参加不可
参加費 7,000円
定員 1000名
申込み方法 神奈川県理学療法士会ホームページより
「講習会・研修会・イベント情報」→本会主催→「地位向上委員会講習会」→「お申し込みはこちらから」より申込下さい。
申込み締切 平成29年8月19日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (公社)神奈川県理学療法士会 事務局
TEL:045-326-3225
Mail:office@pt-kanagawa.orjp
備考 ・受講費を振り込む納入期限は、8月22日(火)となります。ご注意ください。 納入期限の時点で入金確認ができない場合、お申し込みをキャンセルさせていただきます。
・ 申し込み後にご都合が悪くなった場合は必ずキャンセルの連絡をお願い致します。 連絡先は神奈川県理学療法士会事務所045-326-3225、当日の場合は070-5020-9036にお願い致します。
・納入期限後のキャンセルにつきましては、受講費の返還はされませんのでご了承ください。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5558

脳卒中・中枢神経疾患における姿勢・歩行障害の捉え方~東京会場~

名称 脳卒中・中枢神経疾患における姿勢・歩行障害の捉え方~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年8月27日(日)
10:00~16:00(受付9:30 ~)
場所 株式会社 東京証券会館 8階 ホール
(東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)
内容 【講師】
伊藤 克浩 先生
山梨リハビリテーション病院 リハビリテーション部 副部長
日本ボバース研究会 会長 ・理学療法士

【講義概要】
近年、姿勢制御に関する神経性理学的考察は先行随伴性姿勢調整のメカニズムや橋延髄網様体のシステムの解明などにより飛躍的に進んできた。
一方で、逆動力学や生体力学に基づく姿勢の調整メカニズムについての研究成果には目を見張るものがある。

しかしながら、臨床的に脳卒中者の姿勢の問題について、それらの学問をどう生かしたら良いのかそして具体的にどう対処することが実用的機能の変化や治療効果につながるのか書かれた成書は見あたらない。

脳卒中者におけるいわゆる運動麻痺は手足の動きや動作の障害として捉えられがちであるが、その根底となっている姿勢調整の問題に対する対処が重要なポイントとなる。

このセミナーではボバースコンセプトに基づく考え方を中心に、神経生理学・生態心理学的(視・知覚と姿勢調整)側面から脳卒中者の姿勢障害についての理論的背景を紹介し、また、実際にどう対処したらよいのかを症例への介入を交えて紹介したい。

そして、歩行障害においては、失調様歩行、パーキンソニズム等中枢神経系の筋緊張調整機構の破綻に起因すると思われるもの、そして半側空間無視・プッシャーシンドロームのような情報処理機構の障害に
起因すると思われるもの等様々である。

本来、リズミカルに歩くためのCPG(Central Pattern Generator)や中脳歩行誘発野は、脊髄、脳幹に存在するため、脳卒中者の多くは無傷である筈であるが先に述べた様々な歩行障害はなぜ生じるのであろうか。

歩行の障害について神経学的背景について解説し、その対処についても実例を示して紹介したい。

【本セミナーについて】
・実演に関するご案内
本セミナーの実演に関しては、参加人数により「提示」のみとさせていただきます。
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……854-894473
対象 理学療法士・作業療法士・その他
理学療法士・作業療法士・その他
作業療法士・理学療法士・その他
学生の
参加可否
参加不可
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください
http://www.gene-llc.jp/seminar……854-894473
申込み締切 開催日前日まで
生涯教育
ポイント
日本理学療法士協会 認定理学療法士 及び 専門理学療法士制度
神経理学療法専門分野 神経(全領域) 履修ポイント5 認定
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5474

人工呼吸器装着患者におけるフィジカルアセスメントとリスク管理~東京会場~

名称 人工呼吸器装着患者におけるフィジカルアセスメントとリスク管理~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年8月27日(日)
10:00~16:00(受付9:30~)
場所 株式会社 日本印刷会館 2階会議室
(東京都中央区新富1丁目16番8号)
内容 【講師】
岸川 典明 先生
愛知医科大学病院 リハビリテーション部 技師長・理学療法士

【講義概要】
酸素化や換気の状態を示すモニターは種々あり、比較的使いやすいものになっています。
しかし、何を反映しているのかを理解しておかなければ患者さんの状態を過大評価してしまうことも少なくありません。
機器を用いて得られる数値と、経験と判断から得られるフィジカルアセスメントを総合的に判断することが肝要です。
このセミナーでは、患者さんのすぐ傍でリアルタイムに得られるアセスメントについて解説します。

【プログラム】 
●呼吸状態の観察 
  呼吸生理と呼吸運動学を復習してみよう
  胸式呼吸と腹式(横隔膜)呼吸を評価する意義は? 
●呼吸様式の違いによる換気部分の差を知ろう
●呼吸の時間的要素を見てみよう
●人工呼吸器中での呼吸筋の使用は何かが起こってる?
●人工呼吸器の基礎
  呼吸モードのチェック
  呼吸パターンのチェック
  人工呼吸器中の患者の観察で忘れてはならないこと
●肺音聴診は大丈夫?
●CT所見がないけど何かほかの手は
☆リスク回避のための呼吸リハビリテーションの方法

以上の内容を、【講義】と【実技】で学習します。
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要物品】
・聴診器
・Tシャツなど胸部の観察がしやすいものの着用
・バスタオル

【本セミナーについて】
本セミナーでは人工呼吸器を使用した実習等は行いません。
実技の際は、人工呼吸器装着患者の評価方法やアセスメントの実習を行います。
本セミナーは、岸川典明先生の他タイトルセミナーと内容が重複する部分がございます。
予めご了承ください。
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……361-573292
対象 作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・その他
学生の
参加可否
参加不可
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください
http://www.gene-llc.jp/seminar……361-573292
申込み締切 開催日前日まで
生涯教育
ポイント
日本理学療法士協会 認定理学療法士 及び 専門理学療法士制度
内部障害理学療法専門分野 内部(全領域) 履修ポイント5 認定
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5473

臨床研究に活かす統計解析の初歩の初歩 ~これから統計学を学びたい人のためのチェックポイント~東京会場~

名称 臨床研究に活かす統計解析の初歩の初歩 ~これから統計学を学びたい人のためのチェックポイント~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年8月26日(土)
10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
場所 中央労働基準協会ビル 4階 ホール
(東京都千代田区二番町9番地8)
内容 【講師】
対馬 栄輝 先生
弘前大学 医学部保健学科 理学療法学専攻 准教授・理学療法士

【ねらい】
・臨床研究のために用いる統計解析のための基本的な知識・考えを身につける

【講義概要】
これからの時代,医療に携わる人が統計解析の知識や考え方を身につけることは極めて重要なことです.

各専門職種の理論的専門性は確立しつつありますが,実際の医療現場で実証されているかといわれると疑問があります.その実証のために臨床研究が盛んに行われるようになりました.

しかし研究デザイン-殊に統計解析-に関しては,研究を行う側も受ける側も理解が不十分であり,誤った解釈が平然と飛び交う現状です.

高度な解析手法を求めるときりがありませんが,初歩の初歩という内容で,簡単なしかし重要な基礎について解説します.もちろん数式は使用せず,高度な手法の解説というよりは,基礎的で基本的な考え方に限って説明しますので,初学者の方には良い機会であると思います.

【プログラム】 
午前  1 研究デザイン,統計解析の基本
       ―学会発表,論文執筆で恥をかかないように
     2 統計的検定の意味-何を「検定」するのか?p値とは?どう理解すればよいか?
午後  3 検定手法の紹介 
       ―こんな時はどんな解析手法をつかうのか?
         差の検定,相関・(重)回帰,分割表の検定
     4 基本解析手法の使い方・読み方-要点と,落とし穴のチェック
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……899-333118
対象 作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・その他
学生の
参加可否
参加不可
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください
http://www.gene-llc.jp/seminar……899-333118
申込み締切 開催日前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5472