Tag Archive: H29/4

<2017年度>よこすかOT勉強会開催のおしらせ New!!

名称 <2017年度>よこすかOT勉強会開催のおしらせ
主催 よこすかOT勉強会
日時 毎月1回、第2火曜日19時~21時半
場所 横須賀の京急線「県立大学」駅から徒歩5分、神奈川県立保健福祉大学の研究棟2階 A221教室
内容 神奈川県立保健福祉大学の玉垣努先生の指導の下、実技中心にセラピストの技術向上を目的として活動を続けています。
内容は以下の年間予定をもとに、現場で困ったことに講師とともに検討する形で行っています。年度の途中からの参加も歓迎です。
4月:基礎I(クラインフォーゲルバッハの運動学,ハンドリング)
5月:基礎II
6月:臥位I(寝返り含む)
7月:臥位II
8月:座位I(リーチ含む)
9月:座位II
10月:立位
11月:歩行
12月:活動分析アプローチI
1月:活動分析アプローチII
2月:統合アプローチI
3月:統合アプローチII
プレーシング,マニピュレーション,治療的誘導,介助誘導,クリニカルリーズニング等のレクチャーを交えながら行います。
対象 OT、PT
学生の
参加可否
参加可
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 申し込み不要
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ thewildflowers83アットマークgmail.com アットマークを@に変換してください!

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5108

シーティングセミナー理論編 & クッション製作工房『Jurs』 New!!

名称 【ユニリハ】 シーティングセミナー理論編 & クッション製作工房『Jurs』
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2017年4月30日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容  本セミナーは、世界に現存する様々なシーティング理論をひとつにまとめ、その技術をどのようにしたら臨床で生かしていけるのかを深く掘り下げた内容となっています。
このため、理論編だけでも十分臨床で応用できるように方法論をご提案していますが、理論を生かしてこその技術であるため実技編へと続く内容も多く包含しております。
実技編では『シーティング工房』と称し、理論編で学んだ事実を臨床で生かしていくために、実際にクッションを作成します。時間内であればいくつ作っても自由ですし、道具、部材、クッションは全て貸し出しています。

 シーティングとは座るためのアプローチですが、座る事から向き合うのではなく、姿勢制御の前提となる筋緊張という切り口から姿勢と向き合いました。
『座位からの介入では筋緊張の制御が難しく座る事が学習しにくい。ならば、筋緊張のもっとも少ない臥位から評価していくべきでは』というコンセプトから、訓練室で行うポジショニング(臥位姿勢)から丁寧に姿勢へ介入しました。
座る、立つ動作に必要な筋力や張力ではなく、その背景にある筋緊張に焦点を絞り寝た姿勢からシーティングを突き詰めていく。この結果、チルトリクライニング適応者が手押し型の処方に変更になったり、普通型の処方に変更になり自操を獲得する症例群が現れました。
【 講義のポイント 】 ~研究から生まれたシーティング技術~
■理論編
徐重力位シーティング、中間位シーティング、抗重力位シーティングという3つの重力を受け入れる姿勢を患者の回復段階に合わせて適応します。この際の座る、もたれるポイントを深く理解していただきます。

■実技編
理論を実際のシーティングクッションに『つくる』までが全体像です。
「理論はわかった。でも臨床で具体的にどうすればいいんだ」という勉強会はよくある話。理論を臨床で簡単に再現するために、クッションを作り、その日のうちに持ち帰っていただきます。
<講師>青木 將剛
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可
参加費 15000円(理論編のみ 7000円)
定員 5名
申込み方法 HPよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2017年4月27日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5104

セラピストのためのハンドリング入門 New!!

名称 セラピストのためのハンドリング入門
主催 神奈川県総合リハビリテーション事業団 地域リハビリテーション支援センター
日時 平成29年4月22日(土) 10:00~16:00
場所 神奈川リハビリテーション病院 (厚木市七沢516)
内容 セラピストにとって、対象者の身体の触れて、動きを提供するためのハンドリング技術はとても重要です。今回のセミナーでは、セラピスト自身のからだづくりと臨床に活用できる知識と基礎技術について学びます。
詳細URL http://www.chiiki-shien-hp.kan……hab.or.jp/
対象 作業療法士、理学療法士 ※経験年数が4年目以下の方
学生の
参加可否
参加不可
参加費 3,000円
定員 50名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5101

観察や会話から対象者を評価する―人間作業モデルの視点からー

名称 観察や会話から対象者を評価する―人間作業モデルの視点からー
主催 臨床実践に役立つ理論勉強会
日時 2017年4月2日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
    ※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲 (神奈川県立保健福祉大学大学院)

今回のテーマは人間作業モデル(MOHO)に基づいた評価法です.
「MOHOの評価は時間がかかる」「わざわざ時間をとって,対象者の話を聞かなければならない」というイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか.
そんなことはありません! 観察されたことから評価する評価法もたくさんあります.
普段の臨床のどのような場面で評価を行うことが出来るのか,活用できるのかをお伝えします.合わせて対象者の語りなどナラティブな情報を,どのようにとらえ解釈し,治療へつなげていくかについて考えていきます.人間作業モデルについても概説しますので,人間作業モデルを十分に理解していない方でも大丈夫です!領域も問いません!
作業療法の効果を示すために標準化された評価を用いたい方,より作業療法士らしい視点で評価をしたいという方は是非ご参加下さい.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士  4000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.
    
メール記載内容
件名 2017年4月2日 参加申し込み
本文
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年3月29日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5079

片麻痺患者を、新しい視点・切り口で見てみよう!

名称 ◆◇片麻痺患者を、新しい視点・切り口で見てみよう!◇◆
主催 MediArt(メディアート)
日時 平成29年4月30日(日)9時30受付、10時00分開始 終了時間は16時00分。
場所 横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅 徒歩6分 総合施設 会議室
内容 新人でも分かるように、片麻痺患者を新しい視点・切り口で見てみる!という内容!
概要は以下
・脳卒中患者の片麻痺像という決めつけた考え方を持っている方へ、新しい視点。
・明日から、片麻痺の運動の問題を「随意性の低下」だけで終わらせない考え方。
・麻痺側だけでなく、非麻痺側も視野に入れた動作分析の視点。
・臨床上よくみる「痙縮」とは何か?
・随意運動の背景にある姿勢制御を見る視点。
・脳卒中患者の歩行を結局どのように捉えるのか?という歩行分析の視点。
・歩行補助具を導入する時の失敗例と、成功例。
・普段行っている関節可動域訓練から対象者の反応を評価として感じ取る実技。
・ボバース的視点での立ち直り反応の見方を実技。
詳細URL https://mediart2016.jimdo.com/
対象 作業療法士、理学療法士、柔道整復師、*学生可能
学生の
参加可否
参加可
参加費 5000円(当日支払いとなります)
定員 12
申込み方法 ホームページ上からも申し込みが可能です。

メールの場合は、mediart2016@yahoo.co.jpへ
タイトル
「平成29年4月30日(日)講習会申し込み」
本文に
講習会参加者の方は、
1.氏名
2.職場名
3.職種
4.経験年数
5.連絡先メールアドレス
6.参加希望の講習会の日程
をご記入の上、お申し込み下さい。申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております。
申込み締切 平成29年4月29日(土)まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ mediart2016@yahoo.co.jp
申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5067