Tag Archive: H28/3

社会制度対策班研修 医療介護制度外で活躍する作業療法士

名称 社会制度対策班研修 医療介護制度外で活躍する作業療法士
主催 神奈川県作業療法士会 制度対策部 社会制度対策班
日時 平成28年3月26日(土)14:00~16:00(受付開始13:30)
場所 茅ヶ崎市勤労会館 6階A研修室
内容 「医療介護制度外で活躍する作業療法士 自立生活アシスタント事業への関わり」
【講師】   野々垣 睦美 先生 (特定非営利活動法人 脳外傷友の会ナナ クラブハウスすてっぷなな)

【概要】  社会制度対策班では、医療保険制度外で作業療法に従事している方々の講習会を開催します。第1回として横浜市の自立生活アシスタント事業に携わっている、野々垣先生を講師にお招きします。先生の日頃の活動や、横浜市の自立生活アシスタント事業についてもご講演いただきます。県士会の皆様のご参加をお待ちしております。
※自立生活アシスタント事業とは、障害者施設等で施設の専門性を活かし障害の特性を踏まえた生活力、社会適応力を高めるための支援を行うことにより、単身で生活する障害者の地域での生活を維持することを目的とした事業です。
対象 神奈川県作業療法士会会員
神奈川県医療専門職 理学療法士 言語聴覚士 看護師 社会福祉士 等
参加費 神奈川県作業療法士会会員 無料
その他 1000円(資料代)
定員 40名
申込み方法 一般社団法人神奈川県作業療法士会事務局(ken-ot@kana-ot.jp)に下記記載事項をご記入の上、電子メールにて、平成28年3月11日までにお申し込み下さい。
(記載事項)
 1 件名
 2 氏名
 3 職種 臨床経験年数
 4 勤務先施設名
 5 連絡先住所・TEL、FAX番号
 6 日本作業療法士協会会員番号 (協会員の方)
7 神奈川県作業療法士会2015年(平成27年度)会費納入状況(納入済み・未納入)
申込み締切 平成28年3月19日
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 茅ヶ崎リハビリテーション専門学校 山根 剛

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4065

生活行為向上マネジメント事例検討会

名称 生活行為向上マネジメント事例検討会
主催 MTDLP推進委員会
日時 2016年3月6日(日)10:00~16:00
※事例数により早めに終了する場合があります。
場所 横浜YMCA学院専門学校
内容 生活行為向上マネジメント基礎研修修了者が次のステップとして目指していただく事例報告。日本作業療法士協会の事例登録システムを使用して報告いただくか、各都道府県士会で事例検討会で発表いただくかのいづれかになります。
神奈川県での事例検討会は今回が初開催となります。特に介護老人保健施設で生活行為向上マネジメント加算の算定要件を生活行為向上マネジメント基礎研修修了にて届けている施設の方は、事例登録が急務となりますので、お急ぎいづれかの方法で事例登録をお願いいたします。

今回は基礎研修修了者であり、かつ事例発表者と聴講者を募集いたします。
事例発表者は備考に掲載する書類をご準備ください。

発表時間:10分
質疑応答:3分
グループ討議:20分
グループ討議結果発表:7分
まとめ:5分
(あくまでも現時点での目安です。発表者人数により多少変更いたします)

聴講者はOT協会が作成した事例の審査基準に則り、事例発表を審査(練習)いたします。
対象 下記のすべてを満たす者
1)日本作業療法士協会員かつ神奈川県作業療法士会員(他県士会も含む)
2)MTDLP基礎研修修了者
参加費 3,000円
定員 40名
申込み方法 神奈川県作業療法士会研修会窓口(ken-ot@kana-ot.jp)に下記必要事項を記入の上、1人1通でメールしてください。

メールタイトル:MTDLP事例申し込み
1)氏名
2)ふりがな
3)所属先名称
4)所属先住所
5)協会会員番号
6)所属県士会
7)希望の参加方法(発表OR聴講)
8)返信用Emailアドレス(携帯電話アドレスは不可)
申込み締切 2016年3月1日
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ MTDLP推進委員会 木村
mtdlp@kana-ot.jp
備考 発表者は以下の書類を2016年2月26日までにMTDLP推進委員会(mtdlp@ka-ot.jp)にご提出ください。

1)生活行為向上マネジメントシート(A4 1枚)
2)事例の概略やMTDLPの経過をまとめた抄録(A4 1枚)
 ア)事例のテーマ 
 イ)基本情報(事例紹介)
 ウ)作業療法評価
 エ)作業療法計画
 オ)介入経過
 カ)結果
 キ)考察

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4014

生活行為向上マネジメント基礎研修会 (3/19)

名称 生活行為向上マネジメント基礎研修会
主催 MTDLP推進委員会
日時 2016年3月19日(土)9:30~17:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 生活行為向上マネジメント基礎研修 概論90分、演習330分となります。本研修会の受講により基礎研修修了証が日本作業療法士協会から発行されます。
対象 日本作業療法士協会かつ神奈川県作業療法士会会員で今年度会費納入済みの方
日本作業療法士協会かつ他県士会会員
※応募者多数の場合には神奈川県士会員を優先いたします
参加費 4,500円
定員 80名
申込み方法 E-mailにて必要事項を記載のうえ、神奈川県作業療法士会事務局 研修窓口
<ken-ot@kana-ot.jp>
へお申し込みください.お申し込みは1名につき1通でお願いします.
≪件名≫「生活行為向上マネジメント研修会参加希望」
≪記載事項≫
1)氏名
2)ふりがな
3)所属先名称
4)所属先住所
5)協会会員番号
6)所属県士会
7)返信用Emailアドレス(携帯電話アドレスは不可)
8)開催日
申込み締切 2016年3月12日
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ MTDLP推進委員会 木村
mtdlp@kana-ot.jp
備考 生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメントの基礎研修修了がこれにあたるとされております。
既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4013

~となりの職場見学 見て・聞いて・体験して~『低周波刺激療法を併用した上肢・手指訓練の実際』

名称 福利部主催 ~となりの職場見学 見て・聞いて・体験して~『低周波刺激療法を併用した上肢・手指訓練の実際』
主催 神奈川県作業療法士会 福利部
日時 2016年3月19日(土) 13:00受付開始 13:30~16:30
場所 医療法人社団 明芳会 イムス横浜狩場脳神経外科病院
〒240-0025 横浜市保土ヶ谷区狩場町218-9
JR保土ヶ谷駅 
東口の1番乗り場から神奈中バス 横17系統「東戸塚駅行」・戸38系統「戸塚駅東口行」に乗車(乗車時間 約16分)「狩場町」で下車(徒歩 約2分)

JR東戸塚駅
東口の4番乗り場から神奈中バス 横17系統「横浜駅西口行」・203系統「保土ヶ谷駅東口行」・東21「水道道行」に乗車(乗車時間 約12分)。「狩場町」で下車(徒歩 約2分)
内容 『低周波刺激療法を併用した上肢・手指訓練の実際』
みなさん、臨床場面で物理療法機器を使った事はありますか?機器はあるのに使わずじまいではありませんか?
そんな、あなたのために、今回は臨床場面で積極的に低周波(物理療法)を導入しているイムス横浜狩場脳神経外科病院リハビリテーション科 技士長 福留大輔先生に職場見学会を依頼させて頂きました。
具体的には、電気に関する基礎知識講義、電気刺激装置の紹介・体験、そして実際の訓練方法などを見て・聞いて・触って体験させて頂きます。学校や臨床場面でもなかなか学べない分野であると思いますので、ぜひこの機会に参加してみて下さい。多くの方の参加をお待ちしております。
対象 神奈川県作業療法士会員
参加費 無料
定員 15名(先着順)
申込み方法 1) E-mailにて(fukuri@kana-ot.jp)までお申し込みください。
2) E-mailは題名を「職場見学会参加希望」と明記し本文に
1.氏名、2.所属、3.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、4.返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。
3)神奈川県在勤のOTの方が対象となります。今年度分の会費未納の方は参加をお断りさせて頂く場合がありますので、ご了承ください。 
申込み締切 2016年3月12日(土)まで
生涯教育
ポイント
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会福利部 fukuri@kana-ot.jp 吉本・池嶋まで

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4009

ALS者のコミュニケーション支援講習会2015

名称 ALS者のコミュニケーション支援講習会2015
主催 神奈川県作業療法士会
日時 平成28年3月5日(土)
13:00~16:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校 8階 講堂
内容 講習会では意思伝達装置はもちろんのこと、最近話題装置まで準備する予定です。また、コミュニケーション支援の手順、機器導入に関する制度と方法も併せてご紹介させていただきます。

【スケジュール】
「コミュニケーション支援の心構えと本事業の経緯」
「コミュニケーション支援機器の紹介」
「コミュニケーション支援機器及びスイッチの操作体験」

意思伝達装置 :伝の心,レッツチャット,マイトビー(視線入力),
           トーキングエイドfor ipad,話想
スイッチ類    :押しボタンスイッチ,タッチセンサスイッチ,
            ピエゾニューマティックセンサスイッチ、EOGセンサスイッチ 
※変更する可能性があります。
対象 ・神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入済みの方)
・他都道府県士会会員(神奈川県OT士会会員優先)
・OT養成校在学の学生(神奈川県OT士会会員優先)
・難病疾患者に関わりのある医療・福祉従事者 
・ALS当事者および家族(必ず担当の医療・福祉従事者1名を同伴のこと) 
※当事者、家族は同伴の医療・福祉従事者に申し込みを依頼してください。
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 一般社団法人神奈川県作業療法士会事務局宛に下記事項をご記入のうえ、電子メール(1人1通、携帯電話からは不可)
でお申し込みください。
宛先: ken-ot@kana-ot.jp
件名: ALS講習会参加希望
1. 氏名 / 2.フリガナ / 3.職種 / 4.日本OT協会会員番号 / 5.所属先 / 6.所属先住所
7.連絡先メールアドレス(受講可否通知の連絡先) /8.コミュニケーション支援で困っていること/9.懇親会の出欠
10.同伴する当事者・家族の人数
※申し込み多数の場合は、申し込みの際に記載いただいた情報をもとに受講を優先させていただきます。
申込み締切 平成27年 12月 1日(火)~ 平成28年 3月 1日(火)
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 地域リハビリテーション部  遠藤 宛   Eメール:chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/3990

1 / 212