Tag Archive: H26/3

CIセラピーのすべて ~成人と小児のCIMT・上肢と下肢のCIMT・重度麻痺手のCIMT~

名称 CIセラピーのすべて ~成人と小児のCIMT・上肢と下肢のCIMT・重度麻痺手のCIMT~
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 2014年3月30日 10:00から16:45
場所 ウィリング横浜12F研修室121・122 京急線・市営地下鉄上大岡徒歩数分
内容 CIセラピーは米国アラバマ大学のTaub博士が開発した脳卒中等片麻痺治療法です。CIセラピープロトコルは意外にも知られておらず、「健手を三角巾固定し、一日何時間も単純な物品移動を強制的に繰り返すトレーニングだ、適応は不全麻痺に限られる」などと誤解されていることが多いようです。CIセラピーの目的は、参加者自身の内的動機づけに基づき、麻痺手を日常生活で使用するようにトランスファーさせることです。プロトコルはアラバマ大学で毎年見直しがされており、現在、その成果は、上肢はSTEFで60点以上改善、下肢は6分間歩行距離やTUGが2倍以上に改善するとともに、生活の中で便利さを感じる麻痺手としての使用へ、そして歩行能力の大幅な改善により社会的参加が増すなど参加者に行動変容をもたらしています。一般的な作業療法においても役立つShaping技法やモニタリング技法は、それら単独の使用においても効果が期待できます。講師は2002年からCIセラピーを実践しアラバマ大学CIトレーニングコース(入門コース)やTaubクリニック研修(臨床実践コース)、小児CIセラピーコースを履修した田邉浩文(OTR,phD)です。
参加費 3,000円
定員 100名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当(ken-otあっとkana-ot.jp)まで
お申し込みください。
2)E-mailは題名を「職管2/9受講希望」とし、本文にⅰ受講希望講習会名及び開催日、ⅱ氏名、
ⅲ所属、ⅳ都道府県士会名、ⅴ日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、ⅵ連絡先電話番号、
ⅶ返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。記載内容に不備があった場合
受け付けられません。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。
納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、?日本作業療法士協会
「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)
にお問い合わせください。
4)申込のE-mailは1人1通までとします。
申込み締切 2014年3月3日
生涯教育
ポイント
2
問い合わせ 新戸塚病院 片岡 直人
045-822-4151

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/1034

第3回 職場見学会 身体障害分野編

名称 第3回 職場見学会 身体障害分野編
主催 神奈川県作業療法士会 福利部
日時 平成26年 3月1日(土) 
実施時間 14:00~17:00
現地受付時間 13:30~
集合場所 南館6F 多目的ホール
場所 医療法人社団 三喜会 鶴巻温泉病院
〒257-0001 秦野市鶴巻北1-16-1 
内容 ☆今年も開催します職場見学会☆ 
今回は身体障害分野からお願いしました。
見学テーマは『新人教育への取り組み』についてです。今回は多くのリハビリスタッフを抱え、毎年多くの新入職員を採用し、その中で組織的かつ個々人の能力を引き出す教育に努めていらっしゃいます鶴巻温泉病院にお願いしました。
『新人教育』は新年度に向けて、どこの病院・施設も抱える悩みであると思いますが、ぜひこの機会にノウハウを学び、各病院・施設に持ち帰って頂ければと思います。初めて後輩を指導する若手OTRから部門全体を統括するベテランOTRまで幅広い世代の方々の参加をお待ちしております。先着順ですので、お早めに申し込みを!!
対象 ・神奈川県作業療法士会員で今年度会費納入済みの方  
・他都道府県作業療法士会員等
*神奈川県在勤の作業療法士で、神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません。
参加費 なし
定員 20名
申込み方法 E-mailにて受付します。fukuriアットマークkana-ot.jp(神奈川県作業療法士会 福利部)まで送信ください。
題名を「職場見学会 受講希望」とし、本文に、1.参加者氏名、2.勤務先、3.E-mailアドレス、4.OT協会番号、5.所属の県士会名 の記載をお願い致します。
参加の可否及び詳細はメールにて返信させて頂きます。
申込み締切 2月22日
生涯教育
ポイント
なし
問い合わせ fukuriアットマークkana-ot.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/1022