Tag Archive: H26/11

平成26年度 PT・OT福祉用具スキルアップ研修会 上級編 ~福祉用具の適応相談のために~

名称 平成26年度 PT・OT福祉用具スキルアップ研修会 上級編 ~福祉用具の適応相談のために~ 
主催 神奈川県作業療法士会 神奈川県理学療法士会共催
日時 1日目 2014年11月16日(日) 受付開始 9:30~ 
                    研修時間 9:45~16:00
2日目 2014年12月14日(日) 受付開始 9:30~
                    研修時間 10:00~16:30
場所  ウィリング横浜
内容 【内容】
 基礎編では、福祉用具に関わるセラピストの役割や、起居動作や移乗動作、車いすなどに関わる福祉用具ついて、実際の福祉用具を使用する実習の時間を多く設けて行ってきました。   その基礎研修を受講された方で、さらに現場で必要になるトイレの環境調整、外出に関わる機器、コミュニケーション機器、住宅改修、福祉用具に関わる制度などについて、実際に福祉用具を使用する実習や、実際に福祉用具の適応を行った事例についてなどを学ぶことができる研修になります。

【講師名】 
環境を整える(トイレ・浴室): 粂田哲人氏 横浜市総合リハビリテーションセンター研究開発課 作業療法士
環境を整える(玄関・屋外アクセス): 藤井智氏 横浜市総合リハビリテーションセンター 理学療法士
環境を整える(コミュニケーション支援): 小林亜香里氏 北里東病院 作業療法士
環境を整える(リフター実習): 沼田一恵氏 横浜らいず 作業療法士
環境を整える(住宅改修): 浅井悦男氏 《株》ハーツエイコー 1級建築士
各種制度: 渡邉慎一氏 横浜市総合リハビリテーションセンター 作業療法士
対象  神奈川県作業療法士会所属で、本年度の会費を納入している方
PT・OT福祉用具スキルアップ研修会基礎編を終了され、両日参加可能な方
参加費 2000円
定員 15名(OT15名 PT15名 計30名を予定しています)
申込み方法 県士会福祉用具委員専用アドレス<ot.skillup@gmail.com>に下記の記載事項をご記入のうえ、電子メールにてお申し込みください。
<記載事項>
1.件名:PT・OT福祉用具スキルアップ研修会上級編申し込み(※必ず記入してください)
2.氏名(フリガナ)
3.経験年数
4.所属
5.連絡先住所・TEL/FAX番号
6.OT協会会員番号
※参加希望の理学療法士の方へ→同様の研修会案内は「神奈川県理学療法士会」ホームページでも行います。こちらは作業療法士のみの受け付けとなりますことをご了承ください。
申込み締切 先着順にメールで返信いたします。定員に達した時点で申し込み終了としますのでお早めにお申し込みください。
生涯教育
ポイント
2日間で4ポイント
問い合わせ 県士会福祉用具委員会 中村元樹
メールアドレス:ot.skillup@gmail.com
備考 個人情報の取り扱いについて
 受講者の選定及びその後の連絡・調整を行うため受講申込書に記載された個人情報を利用します。また研修の効果的な実施を資するため研修講師に情報提供を行うことをご了解ください。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/2908

生活行為向上マネジメント講習会(初級編)

名称 生活行為向上マネジメント講習会(初級編)
主催 一般社団法人神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 2014年11月19日(水)19:00~20:30
場所 横浜YMCA学院専門学校
(横浜市中区常盤町1-7)
JR根岸線 関内駅(南口)徒歩3分 横浜市営地下鉄 関内駅 徒歩3分,みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩6分
内容 内容
1.生活行為向上マネジメントの概要
2.生活行為向上マネジメントの演習

講師
地域リハビリテーション部部員

※終了後は短時間で懇親会を企画しております
対象 1)神奈川県作業療法士会会員
2)県内養成校学生
3)関連職種

今年度会費納入済みの方
※応募者多数の場合には未受講の方を優先いたします
※生活行為向上マネジメントの初級者が対象です
参加費 会員1,000円 会員外2,000円 学生500円
定員 30名
申込み方法 E-mailにて下記事項を記載のうえ、神奈川県作業療法士会事務局 研修窓口 <ken-ot@kana-ot.jp>へお申し込みください.お申し込みは1名につき1通でお願いします.
≪件名≫
「生活行為向上マネジメント講習会参加希望」
≪記載事項≫
1.参加者氏名     
2.フリガナ
3.所属(常勤、非常勤) 
4.所属先住所
5.協会会員番号     
6.生活行為向上マネジメントの講習会受講経験(有・無)
7.懇親会参加の可否   
8.受講可否通知の連絡先E-mailアドレス
申込み締切 ~2014年11月7日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 地域リハビリテーション部 木村 
E-mail:chiikireha@kana-ot.jp
備考 生活行為向上マネジメントについては日本作業療法士協会が主催する研修会を既に受講された方も多いことと思います。生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されており、国民が判りやすい言葉を使用しました。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題でもありますし、当国における作業療法士の生き残りをかけた大プロジェクトでもあります。既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。
多くの会員の受講を心よりお待ちしております。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/2887

事例報告登録制度に関する研修会

名称 事例報告登録制度に関する研修会
主催 一般社団法人 神奈川県作業療法士会
日時 平成26年11月24日(月) 10時30分~12時00分(受付10時より)
場所 ウイリング横浜
内容 OT協会の事例報告登録制度の概要、登録方法とコツ等を解説します。
詳細URL http://kana-ot.jp/
対象 OT協会かつ神奈川県士会会員であり会費納入者であること。他県士会の方も申し込み可能ですが、申し込み人数によってはお断りせざるを得ない場合もあります。
参加費 無料!
(他都道府県士会会員は1000円)
定員 80名
申込み方法 <電子メールのみ>
申込研修会名、氏名、所属士会、所属、電話番号、OT協会会員番号、返信あて先アドレスを明記し、必ず件名に「事例報告登録制度に関する研修会申し込み」とし、<事務局研修会受け付け;ken-otアットマークkana-ot.jp>に送信してください。
申込み締切 8月1日~研修会当日1週間前(以降はお問い合わせください)
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 申し込みアドレスとは異なります!
神奈川県作業療法士会 教育部 奥原孝幸(昭和大学)
 電話:045-985-6500(代) 電子メール:kyoiku@kana-ot.jp
県士会ウェブサイトから県士会教育部へ質問ができます。
備考  この事例報告登録制度は、OT協会学術部が事業担当していますが、教育部の生涯教育制度にも組み合わされており、認定作業療法士申請には3事例の事例報告登録が必要です。事例報告登録は作業療法士1年目より登録できますが、審査があります。
 本研修会は、OT協会学術部のご協力により神奈川県士会が独自に開催する研修会で、事例報告登録制度の概要、登録方法とコツ等を解説します。
  同日に現職者共通研修が午後より開催されますが、その午前中に同会場にて開催します。現職者共通研修とは別の研修会として開催しますので、申し込みが別に必要となります。
<注意事項>
・受付業務の都合上、研修会ごとに、また会員各個人にて申し込み下さい。研修会一括や職場でまとめての申し込みは受け付けません。
・申し込み受付者には受付番号を返信します。しばらくして返信がない場合申し込み先までご確認ください。
・当日はOT協会の会員証(届いていない場合会費払い込み証)と生涯教育手帳をご持参ください。
・申し込みのない当日参加はできません。また遅刻・早退の場合ポイントシールは配布できません。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/1733

やってみよう!!精神科作業療法におけるフィジカルアセスメント(身体評価)

名称 やってみよう!!精神科作業療法におけるフィジカルアセスメント(身体評価)
主催 神奈川県作業療法士会学術部 精神障害分野
日時 2014年11月16日(日)13:40~16:30
場所 藤沢市民会館 第2会議室
*JR東海道線 藤沢駅(南口)/小田急線藤沢駅/江ノ電藤沢駅 いずれも下車徒歩10分  
地図: http://www.city.fujisawa.kanag……0020.shtml
内容 講師:木村修介氏 新緑訪問看護ステーション長津田
近年、精神科病院の入院患者において高齢化が顕著となっており、精神科で働くOTから「身体リハやらないとまずい!?」という声が多く聞かれ始めています。本来OTは「対象者を様々な側面(身体、精神、環境)から評価し介入する。」ことが求められていますが、身体面について“どこからやったらいいか分からない”と感じているOTが多いはずです。
今回、訪問看護ステーションで身体面・精神面だけでなく地域・生活に密着したアプローチを展開している木村修介先生をお招きし、総合的な評価・アプローチ方法などの講義をして頂ける機会を得ました。この講習会で身体面の基礎と精神科病院での対象者との関わり方を見直すきっかけにして頂ければと思います。
対象 神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方、他都道府県OT士会員等 
※神奈川県在勤のOTで、神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受
講できません。
参加費 2000円
定員 60名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会窓口(ken-otアットマークkana-ot.jp)にお申し込みください(1人1通まで)
2)E-mailは題名を「精神分野別11/16受講希望」とし、本文に1.受講希望講習会名及び開催日
2.氏名 3.所属 4.都道府県士会名 5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号 6.連絡
先電話番号 7.返信用E-mailアドレス(携帯メール不可) 8.臨床で困っている内容や研修
で聞いてみたい内容記載
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前まで必ず今年度士会費を納入してください。納入確
認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、?日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
申込み締切 2014年10月19日(日)
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 本講習会担当:西前英紀(藤沢病院デイケアセンター)tel 0466- 23-0909

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/1713

生活行為向上マネジメント講習会

名称 生活行為向上マネジメント講習会
主催 一般社団法人神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 2014年7月16日(水),9月17日(水),11月19日(水)
いづれも19:00~20:30
場所 横浜YMCA学院専門学校
(横浜市中区常盤町1-7)
JR根岸線 関内駅(南口)徒歩3分 横浜市営地下鉄 関内駅 徒歩3分,みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩6分
内容 内容
1.生活行為向上マネジメントの概要
2.生活行為向上マネジメントの演習
※3回とも同じ内容になります

講師
地域リハビリテーション部部員

※終了後は短時間で懇親会を企画しております
対象 神奈川県作業療法士会会員もしくは県内養成校学生
今年度会費納入済みの方
※応募者多数の場合には未受講の方を優先いたします
※生活行為向上マネジメントの初級者が対象です
参加費 1,000円
定員 1回 30名
申込み方法 E-mailにて下記事項を記載のうえ、神奈川県作業療法士会事務局 研修窓口 <ken-ot@kana-ot.jp>へお申し込みください.お申し込みは1名につき1通でお願いします.
≪件名≫
「生活行為向上マネジメント講習会参加希望」
≪記載事項≫
1.参加者氏名     
2.フリガナ
3.所属(常勤、非常勤) 
4.所属先住所
5.協会会員番号     
6.生活行為向上マネジメントの講習会受講経験(有・無)
7.懇親会参加の可否   
8.受講可否通知の連絡先E-mailアドレス
申込み締切 2014年6月2日(月)~7月4日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 地域リハビリテーション部 木村 
E-mail:chiikireha@kana-ot.jp
備考 生活行為向上マネジメントについては日本作業療法士協会が主催する研修会を既に受講された方も多いことと思います。生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されており、国民が判りやすい言葉を使用しました。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題でもありますし、当国における作業療法士の生き残りをかけた大プロジェクトでもあります。既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。
多くの会員の受講を心よりお待ちしております。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/1629