Tag Archive: H24/3

IT機器レンタル事業説明会

名称 IT機器レンタル事業説明会
主催 日本作業療法士協会制度対策部福祉用具対策委員会 神奈川県作業療法士会福祉用具委員会 共催
日時 平成24年3月18日(日) 10:00~13:00 受付9:30より
場所 ウィリング横浜 9階研修室
内容  神奈川県士会では22,23年度ALS者へ対するコミュニケーション支援体制の構築に力を注いで来ました。今後も情報提供、体制整備を実施していく予定です。
 支援の1つの方法としてIT機器の使用があげられますが「IT機器レンタル事業説明会」参加後は機器のレンタル借用資格が得られます。
 内容・講師
「OTによるIT活用支援」 独立行政法人国立病院機構八雲病院 田中栄一
「伝の心 活用事例」  北里大学東病院          大寺亜由美
「伝の心 操作説明」  東京都立多摩療育園        田中勇次郎
 ※機器を使用した実習も行います
対象 日本作業療法士会会員かつ神奈川県作業療法士会員(本年度会費納入済みの方)
参加費 無料
定員 30名 定員に達し次第締め切ります
申込み方法 <電子メールでお申し込み下さい>
申し込み先アドレス;<ken-otアットマークkana-ot.jp>
1.氏名(ふりがな)2.OT協会会員番号3.所属勤務先名4.連絡先(メールアドレス=携帯不可、電話番号)5.経験年数
申込み締切 平成24年3月9日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
問い合わせ 福祉用具委員会 沼田 k-numata@y-kyousei.or.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/330

特別支援学校を中心としたタウンミーティング

名称 特別支援学校を中心としたタウンミーティング
主催 地域リハビリテーション部
日時 2012年 3月10日(土)13:00~16:00
場所 神奈川県立相模原中央支援学校(相模原市中央区高根1-5-36)
内容 特別支援学校の現状を把握し、障害児教育に関心を抱く
作業療法士が提案する地域(街)づくりが実践可能かどうか、モデル地域(県央)で検討する
13:00 あいさつ
13:15 座間養護学校の地域支援・連携について(報告)
    報告者:座間養護学校OT石田秀典氏
14:10 休憩
14:20 多職種での地域連携について(報告)
    報告者:大和市役所 OT斎藤良次氏
15:00 意見交換
16:00 終了 
対象 対象:神奈川県作業療法士会会員および関連職種
※神奈川県作業療法士会員は2011年度会費を納入済みの方
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 一般社団法人神奈川県作業療法士会事務局研修会窓口(ken-otアットマークkana-ot.jp)に下記必要事項をご記入の上、電子メールにてお申し込みください.
お申し込みは1名につき1通でお願いいたします.≪件名≫「タウンミーティング参加希望」
≪記載事項≫
1.参加者氏名(ふりがな)2.所属先(常勤、非常勤)3.所属先住所 4.日本OT協会会員番号 5.小児領域の経験の有無 6.連絡可能なEメールアドレス
申込み締切 2012年3月3日
生涯教育
ポイント
なし
問い合わせ 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部 木村 修介
Email:chiikirehaアットマークkana-ot.jp
備考 就学時期の障害児支援は、その多くは学校に偏り、地域(街)での教育環境が希薄となっている状況です。特別支援学校の教職員だけではなく、近隣の人々の協力が今後の支援には必要ではないかと考えております。
 そこで特別支援学校の近隣に勤める作業療法士が、タウンミーティングを通じて特別支援教育の現状を把握することで障害児教育に関心を抱き、今後の関わりを共に考えていける仲間となれるかどうか、また作業療法士が提案する地域(街)づくりが実践可能かどうか、モデル地域(県央)で検討したいと思います。
 小児領域での経験がない方でも、対象地域にお勤めの方またはお住まいの方は誰でも参加可能です。下記要項に従い、お申し込みのほど何卒よろしくお願い申しあげます。
 一緒に考え、創造的な活動が実践できることを切に願っております。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/327

平成23年度 第3回現職者共通研修(事例報告・事例検討,神奈川)

名称 第3回現職者共通研修(事例報告・事例検討)
主催 神奈川県作業療法士会 教育部
日時 平成24年3月4日(日)
1.10:30~12:00
2.13:00~14:30
3.14:45~16:15
4.16:30~18:00
両テーマとも時間枠は申込受付終了後教育部にて指定し連絡しますのでご承知おきください。
場所 ウイリング横浜
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 テーマ:事例報告・事例検討
参加費用 1テーマ1,000円
当日受付にてお支払いください。
現職者共通研修「事例検討」、「事例報告」について 現職者共通研修の10テーマの中に、「事例検討」、「事例報告」があります。このテーマの内容と実施方法についてお知らせ致します。

1.日本作業療法士協会では、この2テーマに加えた「事例検討方法論」についての考え方として、事例検討方法論;参加する、事例検討;質問する、事例報告;発表する、という段階づけをしており、少なくとも1回は発表を義務とする、としています。

2.神奈川県作業療法士会では、以下のように実施します。

・事例検討方法論;事例検討についての講義を受講する(今年度分は終了しました)。
・事例検討、事例報告;座長の進行で受講者の発表および質問の場とし、発表者は「事例報告」を、聴講者(もちろん質問することが重要、受講者全員の質問は無理かもしれませんが多くの質問をお願いします)は「事例検討」を受講したものとして生涯教育手帳に押印します。
・事例の領域に関しては、概ね身体障害領域、発達障害領域、高齢者領域、精神障害領域、地域生活支援の各領域に分かれて実施する予定ですが、申し込み状況によっては混合となります。
・一人の発表時間は、質疑応答を入れて15分程度(発表10分程度)とします。人数によっては前後することもあります。
・発表用資料は様式の指定はありませんが、実習のケースレポート様式、OT協会の事例報告登録の申請書等を参考にして下さい。A3サイズ1枚とし、パワーポイントや映像等プロジェクターは使用できません。
・発表同意書は不要ですが、口頭での承諾、個人が特定できない等、倫理的事項に配慮してください。またなるべく職場等の先輩に依頼して、相談・指導を受けるようにして下さい。
・発表用資料は終了後回収致します。
・「事例検討」と「事例報告」を同時間枠で受講することはできません(発表と質問は別枠)。
申し込みに関して 事例検討に関して
・受付期間:平成24年1月15日~31日
・受講(聴講)時間帯は、教育部にて配置しますので返信文書(受付番号とは別送信)をご確認ください。

事例報告に関して
・事例の対象領域を明記してお申し込み下さい。また、申し込み予定者は、以下を参考にして発表準備を開始して下さい。
・受付期間:平成24年1月15日~31日
・受講(発表)時間帯は、教育部にて配置しますので返信文書(受付番号とは別送信)をご確認ください。
・発表用資料を平成24年2月15日~20日(必着)に以下の県士会事務局宛て郵送してください。
その他
・申し込み後返送される受講受付返信とは別送信にて当日の予定等をお送りしますので、それに従ってご参加ください。また、県士会ウェブサイトや県士会ニュースに情報を掲載することがあります。ご注意下さい。
申し込み資格 OT協会かつ神奈川県士会会員であり会費納入者であること。他県士会の方も申し込み可能ですが、申し込み人数によってはお断りせざるを得ない場合もあります。
申込先 電子メールのみ(携帯不可)受付ます。申込研修会名(領域、希望受講テーマ)、氏名、所属(他県士会の方は所属士会も)、電話番号、OT協会会員番号、返信あて先を明記し、必ず件名に「○○研修申し込み」とし、<事務局研修会受け付け;ken-otアットマークkana-ot.jp>に送信してください。

<現職者共通研修の事例報告の発表資料郵送先>
 〒231-0011 横浜市中区太田町4-45 第一国際ビル301号
一般社団神奈川県作業療法士会 事務局「現職者共通研修 事例報告資料」受付係
注意事項 ・携帯メールは不可です。返信添付資料が返信できません。なお、受信制限設定は解除してください。
・申し込みは、名簿作成や返信の都合上、研修会ごとに個人ごとでお願いします。
・受付番号や連絡事項を返信します。当日は受付番号がすぐわかるようご準備の上、生涯教育手帳、OT協会会員証を必ずご持参ください。
・申し込みのない方の当日参加はできません。また遅刻・早退の場合受講したとは認められません。
問い合わせ先 県士会教育部<kyoikuアットマークkana-ot.jp>(申込先ではありません)・昭和大学保健医療学部作業療法学科(奥原孝幸) Tel 045-985-6500(代)

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/172