Tag Archive: H23/9

平成23年度 第1回現職者共通研修(神奈川)

名称 平成23年度 第1回現職者共通研修(神奈川)
主催 一般社団法人神奈川県作業療法士会 教育部
日時 平成23年9月3日(土)
平成23年9月4日(日)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
(JR横須賀線東戸塚駅東口徒歩数分)
内容
9月3日
10:00~ 受付 (各テーマ30分前より受付開始します)10:30~12:00
「作業療法生涯教育概論」
講師 奥原孝幸(県士会教育部・昭和大学)*お昼休憩時生涯教育制度相談コーナーを開設します

13:00~14:30
「保健・医療・福祉と地域支援」
講師 机 里恵(横浜リハビリテーション専門学校)

14:45~16:15
「作業療法の可能性」
講師 錠内広之(日本鋼管病院)




*現職者共通研修終了後、神奈川県作業療法士会「新入会員オリエンテーション&歓迎会」が地下1階学生食堂にて、以下案内のように開催されます。
県士会ってなんだろう?!県士会をしっかり知り、県士会を有効にご活用していただき、今後のご活躍を心より願っています。参加費は無料です。ぜひご参加ください!!
新入会員だけでなく、既会員の方も新入会員を誘ってご参加ください。
内容
9月4日
10:00~ 受付 (各テーマ30分前より受付開始します)10:30~12:00
「事例検討方法論」
講師 長雄眞一郎(神奈川県立保健福祉大学)*お昼休憩時生涯教育制度相談コーナーを開設します

13:00~14:30
「日本と世界の作業療法の動向」
講師 長谷龍太郎(神奈川県立保健福祉大学)

14:45~16:15
「作業療法における協業・後輩育成」
講師 鈴木孝治(国際医療福祉大学 小田原保健医療学部)
参加資格 OT協会及び神奈川県作業療法士会の会員であり今年度までの会費納入者であること。他県の方はOT協会員で所属士会があり今年度会費納入者であること。未入会者は入会手続き後に参加申し込みをお願いします。*神奈川県士会では全ての事業に関して、参加するには上記の要件が必要です。
受講料 1テーマ 1,000円(当日お支払いください)
申込み方法 <電子メールのみ>
申し込み先アドレス;<ken-otアットマークkana-ot.jp>(問い合わせ先は別です!最下欄にあります)
件名に「現職者共通研修申し込み」とし、氏名、希望受講テーマ、所属、連絡先電話番号、OT協会会員番号(OT協会会員証がまだ届いていない方は「入会手続き中」と記入)を送信してください。他県の方は、OT協会会員番号と所属士会をご記入ください。
申込期間 第1回の申し込み受付期間 8月1日~8月21日
*受付業務の都合上第1回と2回を同時にはお申し込みになれませんのでご注意ください。
注意事項 ・申し込みは、個人にてお願いします。職場でまとめての申し込みは受け付けません。
・申し込み者には受付番号を返信します。当日は受付番号がすぐわかるようご準備ください。返信がない場合申し込み先までご確認ください。
・当日はOT協会会員証、生涯教育手帳をご持参ください。手帳内受講記録に受講印を押印します。手続き上手帳がまだ届いていない方は領収書が参加証明となります、届きましたら押印します。
・申し込みのない当日参加はできません。また遅刻・早退の場合受講印は押しません。
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 教育部
 昭和大学保健医療学部作業療法学科 奥原孝幸
 電話:045-985-6500(代)
 電子メール:kyoikuアットマークkana-ot.jp
備考  現職者共通研修は、OT協会生涯教育制度における生涯教育制度基礎研修に位置づけられ、認定作業療法士を取得するための必修基礎研修となっており、全10テーマの受講が必要です。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/90

OT・PSW合同研修会(第7回地域リハ勉強会)

名称 OT・PSW合同研修会(第7回地域リハ勉強会)
主催 地域リハビリテーション部
開催日時 2011年9月18日(日)10:00~16:00(9:30受付開始)
※神奈川県PSW協会会員は13:00~16:00の参加も可能です
会場 ウィリング横浜  所在地:横浜市港南区上大岡西1-16-1
アクセス:京浜急行 上大岡 徒歩 約3分
プログラム 10:00~ 開会
10:10~ 講義1「精神障害者を取り巻く現在の状況」
12:00~ 休憩
13:00~ 実践報告1,実践報告2
14:20~ 休憩
14:30~ グループワーク
~16:00 閉会 (研修会終了後に懇親会を予定しております)
講師 講義1 神奈川県精神保健福祉センター 地域移行担当 野崎義一 氏
実践報告1 相州病院  清水 秀和 氏(OT) 大谷 正昭 氏(PSW)
実践報告2 横浜市総合保健医療センター  安増 栄恵 氏(PSW)
受講料 会員 1,000円  会員外 2,500円
※神奈川県内在勤の作業療法士で、神奈川県作業療法士会の本年度会費未納の方は受講できません。
申し込み期間 2011年 8月 1日 ~ 9月 9日  定員70名
※ご都合によりキャンセルの場合はすぐにご連絡ください。
※応募者多数の場合でもキャンセルに伴い空席が発生すれば、参加通知の連絡をさせていただきます。
※(社)日本作業療法士協会会員の方は、生涯教育ポイント2ポイントが付与されます。
申込み方法 ≪OTの場合≫
電子メールにて神奈川県作業療法士会事務局研修窓口(ken-ot半角アットマークkana-ot.jp)までお申し込みください。
<件名>「地域リハ勉強会参加希望」
<記載事項>1.参加者氏名(ふりがな)2.所属(常勤、非常勤)3.所属先住所(自宅の場合は市町村名まで)4.日本作業療法士協会会員番号 5.所属の都道府県士会名 6.懇親会参加の可否 7.受講可否通知の連絡先E-mailアドレス≪PSWの場合≫ 神奈川県PSW協会にお問い合わせください
問い合わせ先 鶴巻温泉病院リハビリテーション部 OT足立雄介  riha@sankikai.or.jp
備考  「住み慣れた地域で生活する」ことが地域リハビリテーション(以下地域リハ)の命題でもあります。
 昨今の精神障害者を取り巻く退院促進・脱施設化の流れは、地域リハの第一歩といえるでしょう。しかしながら実際の支援には様々な障壁があることも、誰しもが経験していることだと思います。
 その一つが職種や機関の隔たりではないでしょうか?
 精神障害者の地域生活を支えるには多職種や多機関の連携が不可欠です。多職種による支援は、専門性を活かしながら重層的で効率的な支援ができることがメリットの一つとされています。また単一職種のみでは得られにくい技術や知識が相互に得られるため、支援の幅が広がり支援者側にもメリットがあります。
 本研修会では精神障害者を取り巻く現状を把握し、県内で行なわれている地域支援の実践報告を交えながら相互交流を図り、職種間の連携のあり方について考えていきたいと思います。
 神奈川県作業療法士会と神奈川県精神保健福祉士協会の初の共同開催です。各会員の方々はもちろんのこと会員外のOT、PSWも是非ご参加ください。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/43

分野別講習会【身体障害分野】高次脳機能障害の基礎

名称 分野別講習会【身体障害分野】高次脳機能障害の基礎
主催 学術部
開催日時 2011年9月17日(土) 13:00受付開始 13:30~16:45
※終了後、懇親会を企画いたします。お気軽にご参加ください。
会場 ウィリング横浜 12階 126-127号室
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1   TEL045-847-6666 
横浜市営地下鉄ブルーライン・京浜急行「上大岡」駅下車 徒歩3分
講師 横浜市立脳血管医療センター 早川裕子先生 (作業療法士)
定員 120名
受講料 2000円
受講資格 神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方、他都道府県OT士会員等
※神奈川県在勤のOTで、神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません。
   
申込期間 2011年8月1日~2011年9月2日
※期間外の申込は受付不可。
※応募者多数の場合、先着、神奈川県OT士会員を優先し選考いたします。
ポイント付与 (社)日本作業療法士協会会員の方は、受講により2ポイントが付与されます。
申込方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当ken-otあっとまーくkana-ot.jpまでお申し込みください。
2)E-mailは題名を「身体分野別9/17受講希望」とし、本文に1.受講希望講習会名及び開催日、2.氏名、3.所属、4.都道府県士会名、5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6.連絡先電話番号、7.返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。記載内容に不備があった場合受け付けられません。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。
納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
4)申込のE-mailは1人1通までとします。
本講習会担当 福留大輔 (新戸塚病院)tel045-822-4151
備考  近年、回復期リハビリテーション病棟の増床や休日加算・充実加算等の影響もあり、各施設でも多くの作業療法士を採用し始めてきています。そのため、神奈川県でも若手が増え活気あふれてきていますが、日々の臨床で悩んでいる方も増えてきていると思います。特に高次脳機能障害の分野は多岐にわたり、養成校で学んだ事だけでは足りなく、教科書・文献通りにいかない事が実情です。そこで、もう一度基礎に立ち返り、臨床に必要な高次脳機能障害の基礎と症状に合わせたアプローチを含め、横浜市立脳血管医療センターの早川先生に御講演いただける機会を作れました。高次脳機能障害の知識をより深めるためのきっかけなると思います。是非若手だけなく、多くの方の参加をお待ちしています。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/39

ALS者のコミュニケーション支援講習会2011

名称 ALS者のコミュニケーション支援講習会2011
~身体機能にあわせたコミュニケーション手段の紹介~(社)日本作業療法士協会
平成23年度作業療法推進活動パイロット事業助成制度
一般社団法人 神奈川県作業療法士会 主催研修会
主催 一般社団法人 神奈川県作業療法士会
日時・開催地 第1回 平成23年7月9日(土)13:30~16:15 国際医療福祉大学小田原校
第2回 平成23年8月20日(土)横浜市総合リハビリテーションセンター
第3回 平成23年9月 10日(土)13:30~16:15 川崎市北部リハビリテーションセンター
※いずれも同じ内容の講習会です。参加しやすい地域での参加をご検討ください。
※参加者とのネットワーク形成のためにも活動地域に近い会場を推奨いたします。
※車椅子での来場が可能です。
内容 1.ALSのコミュニケーション支援方法の紹介
2.コミュニケーション機器及びスイッチの体験
   13:00~開場、受付開始
   13:30~講義
   14:30~実機操作体験
   16:00~質疑応答
   16:15  終了
参加費 無料
参加資格 ALSの方々に関わりのある作業療法士等、医療・福祉従事者
ALS当事者及び家族(必ず担当の医療・福祉従事者1名を同伴のこと)
※当事者、家族は同伴の医療・福祉従事者に申し込みを依頼してください。
※OTの方へ  生涯教育制度の対象となります(2ポイント)
※神奈川県作業療法士会員の方は県士会費納入後にお申し込みください。
申込み方法  一般社団法人神奈川県作業療法士会事務局宛(ken-otあっとまーくkana-ot.com)に下記事項をご記入のうえ、電子メールにてお申し込みください。件名「第○回 ALS講習会参加希望」と記載1.氏名  2.職種  3.日本OT協会会員番号  4.所属  5.所属先住所  6.受講可否通知連絡先(メールアドレス)  7.当事者、ご家族同伴の有無(有りの場合は氏名も記入)  8.現在担当しているALSの方の人数  9.ALSのコミュニケーション支援で困っていること※申し込み多数の場合は、申し込みの際に記載いただいた情報をもとに受講を優先させていただきます。優先度が高いのは、神奈川県OT会員または現在コミュニケーションに問題を抱えている方となります。
申込み締切り 第1回 平成22年7月1日(金)
第2回 平成22年8月12日(金)
第3回 平成22年9月2日(金)
問い合わせ 新緑訪問看護ステーション長津田  木村 修介
Eメール:chiikirehaアットマークkana-ot.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/30