Archive: 県士会認定SIG団体主催

作業療法士によるキーパーソン支援―ダブルシステムの視点から- New!!

名称 作業療法士によるキーパーソン支援―ダブルシステムの視点から-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年7月9日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

作業療法においてキーパーソンの存在は非常に大きいものです.高齢者であれば家族の声掛けや関わり方,子どもであれば親のおもちゃの提示の仕方や遊び方など対象者以外の関わりが重要となってきます.ICFでは家族を含む,援助者の存在や態度を環境因子としてとらえ,プラスにもマイナスにもなりうるものとしてとらえています.また,人間作業モデルには,対象者とその家族や介護者双方にアプローチをするダブルシステムという考え方があります.
今回はダブルシステムを最初に提示した笹田哲先生を講師としてお招きして,ダブルシステム,家族や介護者を含めた援助の方法についてお話しを頂きます.貴重な機会となります.是非,ご参加下さい.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 30名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.
※gmail.comからのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名 2017年7月9日 参加申し込み
本文
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年7月5日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5122

臨床家のための事例のみかた・書き方・仕上げ方 New!!

名称 臨床家のための事例のみかた・書き方・仕上げ方
主催 臨床実践に役立つ理論研究
日時 2017年6月25日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩1時間程度)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9 F会議室  
横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

事例検討会や事例報告をまとめることは,作業療法士として個人の実践の質的な向上を図るための貴重な機会です.その一方で「まとめる時間がない」「職場で事例報告の機会がない」「指導してくれる人がいない」「敷居が高い」等の声も聞かれています.
そこで今回は事例報告のまとめ方のコツを身に付ける研修会を開催致します!今回は,実際に事例を提示しますが,完璧に仕上がったものではなく,介入途中の事例や今後の関わり方を検討していきたい事例です.この事例を踏まえ事例のまとめ方についてのレクチャーを行いますので,よりイメージしやすいのではないでしょうか.
事例登録や検討会への参加の初めの一歩となるような機会が提供できればと思います.是非ご参加下さい.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4,000円
作業療法学生 2,000円
定員 20名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.

メール記載内容
件名:2017年6月25日参加申し込み
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年6月21日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント 
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5121

<2017年度>よこすかOT勉強会開催のおしらせ New!!

名称 <2017年度>よこすかOT勉強会開催のおしらせ
主催 よこすかOT勉強会
日時 毎月1回、第2火曜日19時~21時半
場所 横須賀の京急線「県立大学」駅から徒歩5分、神奈川県立保健福祉大学の研究棟2階 A221教室
内容 神奈川県立保健福祉大学の玉垣努先生の指導の下、実技中心にセラピストの技術向上を目的として活動を続けています。
内容は以下の年間予定をもとに、現場で困ったことに講師とともに検討する形で行っています。年度の途中からの参加も歓迎です。
4月:基礎I(クラインフォーゲルバッハの運動学,ハンドリング)
5月:基礎II
6月:臥位I(寝返り含む)
7月:臥位II
8月:座位I(リーチ含む)
9月:座位II
10月:立位
11月:歩行
12月:活動分析アプローチI
1月:活動分析アプローチII
2月:統合アプローチI
3月:統合アプローチII
プレーシング,マニピュレーション,治療的誘導,介助誘導,クリニカルリーズニング等のレクチャーを交えながら行います。
対象 OT、PT
学生の
参加可否
参加可
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 申し込み不要
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ thewildflowers83アットマークgmail.com アットマークを@に変換してください!

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5108

スタートアップ!!人間作業モデル

名称 スタートアップ!!人間作業モデル
主催 臨床実践に役立つ理論勉強会
日時 2017年6月4日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院)

午前中は作業療法の歴史を振り返りながら,作業行動について学んでいきます.午後は,午前の内容を踏まえ,人間作業モデル(MOHO)を初学者向けに,基本的な説明に加え,臨床実践にどう活用するかを解説します.
作業療法の歴史については,学生時代に作業療法概論でふれて以来の方が多いのではないでしょうか.歴史の流れの中で,どのような変遷を経て現在に至っているのかを確認することで,現在の自分の臨床を改めて見つめ直す機会となるのではないでしょうか.
人間作業モデルはカナダモデルや他のモデルと比較しながら分かりやすく解説していきます.興味はあるが,なかなか一歩を踏み出せない方にお勧めです.
今年度,作業療法になったばかりの方のご参加もお待ちしております!
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.
※gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名 2017年6月4日 参加申し込み
本文
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年5月31日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com
備考 今後の予定

6月25日(日)@横浜 事例検討&まとめ方のコツ
7月 9日(日)@横浜 キーパーソンの支援

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5081

なぜ役割の評価が大切なのか?!-対象者をとらえるOTの視点-

名称 なぜ役割の評価が大切なのか?!-対象者をとらえるOTの視点-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年5月7日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休みあり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
    ※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院)

役割は作業療法士は様々な次元で使われている言葉ですが,皆さん本当に正しく理解出来ているのでしょうか?
実は役割は精巧に構築された理論背景を持っています.領域を問わず臨床の中で良く使われている「役割」について見直してみましょう.役割理論を知り,役割に関する情報をどのように収取し,解釈し,介入へ活かしていくかを解説していきます.
以前に開催した回の内容をさらに version upしていますので,以前参加された方も是非いらっしゃって下さい.明日からの実践へ活せます.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士  4000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名:2017年5月7日参加申し込み
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年5月2日(火)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5080