Archive: 県士会認定SIG団体主催

作業療法地域連携会@sagamihara ~第20回研修会~ New!!

名称 作業療法地域連携会@sagamihara ~第20回研修会~
主催 作業療法地域連携会@sagamihara
日時 平成29年9月1日(金) 19:00~21:00〔受付18:30~〕
場所 ユニコムプラザさがみはら セミナールーム2
内容 9/22-24に東京で開催される第51回日本作業療法学会で相模原からも多くのOTが演題発表する予定です。
今回の研修会ではその方々の予演会と、学会発表のための心構えを渡邉先生にご講義いただきます。

プログラム1 教育講演
『学会発表のために知っておきたい「いくつか」のこと』
講師:渡邉誠 氏(北里大学医療衛星学部作業療法学専攻)

プログラム2 基礎研究・臨床研究報告会(4~5題予定)
詳細URL http://sagamiharaot.jimdo.com/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可
参加費 1000円(学生500円)
定員 80名
申込み方法 事務局メールに下記事項をご連絡ください。

1.氏名:
2.所属先:
3.職種:
4.経験年数:〇年目
5.懇親会:参加・不参加

【事務局メール】 sagamiharatmrkあっとまーくyahoo.co.jp
 ※『あっとまーく』を『@』に変換してメール送信してください。
申込み締切 平成29年8月31日(木) 19:00まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 事務局:さがみリハビリテーション病院 担当:佐藤 隼
       TEL:042-718-7321
       MAIL:sagamiharatmrkあっとまーくyahoo.co.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5527

環境のみかた&活かし方-より良い作業療法実践を目指して- New!!

名称 環境のみかた&活かし方-より良い作業療法実践を目指して-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年10月22日(日)  
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

人間が環境から影響を受ける存在だという考え方は作業療法で用いられる様々な理論において広く見られ,環境は重要なものとして位置づけられています.例えば,人間作業モデルでは人は環境の影響を受けて相互に作用し合いながら、人間の作業活動をダイナミックに変化するとされています,カナダ遂行モデルでは,人は作業を通して環境と交流すると同時に,人が作業をすることで環境に影響を与えるとしています.また,ICFでは環境は促進因子にも阻害因子にもなるものとして扱われています.
今回は,午前は作業療法に用いられる環境に関するいくつかの理論ついて共通な部分や,特徴的な部分を概観し,午後は理論をOTの介入にどのように結び付けていくかを考えていきたいと思います.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
.
メール記載内容
件名:2017年10月12日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年10月19日(木)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5515

習慣をどうように再建していくのか!―習慣の転換アプローチ- New!!

名称 習慣をどうように再建していくのか!―習慣の転換アプローチ-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年11月5日(日)  
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

私達,作業療法士はクライアントの習慣や継続して行ってきていることに関して関心を示し,興味を向けることが多いと思います.また,人間作業モデルにおいて,習慣は,人々の日課の活動がどのように遂行するか,1日の時間をどのように使うか,どのような行動様式を生み出すのかに影響を与えると言われています.本講座では,習慣(化)という視点からクライアントの生活や1日を構成する時間の使い方(作業バランス)等について考えていきたいと思います.午前は習慣(化)に関する諸理論の紹介,午後は理論のOT臨床での活用,患者への習慣転換アプローチへと発展させていきます.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 30名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名 2017年11月5日 参加申し込み
本文
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年11月2日(木)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5516

臨床家のための事例のみかた・書き方・仕上げ方&事例検討 New!!

名称 臨床家のための事例のみかた・書き方・仕上げ方&事例検討
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年10月9日(月・祝)
10:00~16:00 (途中,昼休憩1時間程度)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院)

事例検討会や事例報告をまとめることは,作業療法士として個人の実践の質的な向上を図るための貴重な機会です.その一方で「まとめる時間がない」「職場で事例報告の機会がない」「指導してくれる人がいない」「敷居が高い」等の声も聞かれています.
そこで今回は事例報告のまとめ方のコツを身に付ける研修会を開催致します!今回は,実際に事例を提示しますが,完璧に仕上がったものではなく,介入途中の事例や今後の関わり方を検討していきたい事例です.この事例を踏まえ事例のまとめ方についてのレクチャーを行いますので,よりイメージしやすいのではないでしょうか.
事例登録や検討会への参加の初めの一歩となるような機会が提供できればと思います.是非ご参加下さい.
※2017年度6月に開催されたものと同様の内容になります
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4,000円
作業療法学生 2,000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2017年10月9日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス
申込み締切 2017年10月4日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5514

北里作業療法学会 第12回 研修会

名称 北里作業療法学会 第12回 研修会
主催 北里作業療法学会
日時 平成29年9月10日(日) 13:00~16:00(12:30~受付開始)
場所 北里大学相模原キャンパス 医療衛生学部 A3号館 3階33番教室
    相模大野駅よりバス「北里大学病院前」下車(乗車時間:約20分)
内容 研修会テーマ:「どうなる?どうする?これからの作業療法」

講師: 髙橋 香代子教授(北里大学 作業療法学専攻)

内容: 髙橋先生は北里大学を卒業後,ボストン大学博士課程を修了,そして帰国後に北里大学病院リハビリテーション部に勤務.MALやWMFTの日本語版など多くの尺度を作成している他,ReoGo-Jによるロボット療法,発達領域,神経難病,などなど数多くの研究にも携わり,平成29年度からは北里大学の作業療法学専攻の教授に就任しました.これまでの様々な作業療法士としての経験を踏まえて,これからの作業療法について語っていただきます.
 今回の研修会では,ゲストスピーカーとして,CI療法やロボット療法で共同研究をしている吉備国際大学の竹林崇先生と,ADOC projectで関係の深い東京工科大学の友利幸之介先生のお二人が来てくださいます.竹林先生と友利先生のお話も伺いながら,高橋先生にこれまでの作業療法士としての様々な経験を踏まえて,これからの作業療法について語っていただきます.
詳細URL http://kitasato-ot.kenkyuukai.jp/event/
対象 どなたでも参加いただけます
学生の
参加可否
参加可
参加費 会員(北里作業療法学会会員)1,000円 非会員 1,500円 (当日受付にてお支払い下さい) 学生:無料
定員
申込み方法 件名に「北里OT学会研修会申し込み」と記載の上,本文に,
1.氏名(卒業生は○○期生の記入もお願いします) 
2.所属 
3.職種 
4.連絡先メールアドレス 
5.経験年数 
6.懇親会(17:00~相模大野周辺)の参加の有無   
を明記の上,下記メールアドレスまでお申し込みください.
申し込み先: 北里作業療法学会事務局  小澤弘幸  Email : kitasato.ot@gmail.com
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 北里作業療法学会事務局  小澤弘幸  Email : kitasato.ot@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5484