Category Archive: 近畿

上肢装具カンファレンス2017

名称 上肢装具カンファレンス2017
主催 パシフィックサプライ株式会社
日時 2017年4月15日(土) 10:00~16:00
場所 森ノ宮医療大学(〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目26-16)
内容 9:30 受付
10:00~12:30 特別講演
「学習を基盤とした上肢機能訓練中等度~重度麻痺に対する課題志向型訓練とTransfer package」
吉備国際大学 竹林 崇 先生

12:30~12:40 質疑応答
12:40~13:40 昼食
13:40~14:00 オルフィット特性説明
14:00~14:45 サムポストスプリント製作デモ・練習
14:45~15:00 休憩
15:00~15:45 Cバー強調型スプリント製作デモ・練習
15:45~16:00 質疑応答、アンケート配布
16:00 終了 
詳細URL http://www.p-supply.co.jp/semi……detail/673
対象 上肢装具・スプリントを活用したリハビリテーションに興味関心をお持ちの方(作業療法士・理学療法士など)
学生の
参加可否
参加可
参加費 7,500円(税込)
定員 30人
申込み方法 詳細URLから参加お申込ください
申込み締切 2017年4月8日(土) 
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ info@p-supply.co.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5059

職場に戻す作業療法士の力 『復職支援事例報告会』

名称 職場に戻す作業療法士の力 『復職支援事例報告会』
主催 一般社団法人 日本作業療法士協会
日時 2017年2月19日(日) 10:30~15:30
場所 大阪保健医療大学(2号館)
(大阪市北区天満1-17-3)
内容 復職支援において第一線で活躍する作業療法士が一堂に会し、その実践について語ります。
この機会をお見逃しなく。

≪プレゼンター≫
・豊田 真輝
(社福)ぷくぷく福祉会 すいた障がい者就業・生活支援センター
・織田 靖史
(社福)近森会 近森病院 総合心療センター デイケアメンタル
・岡崎 渉
NTT東日本 関東病院 精神神経科
・芳賀 大輔
NPO法人 日本学び協会 ワンモア豊中
・高橋 章郎
NPO法人 ルーツ・ユアセルフ
参加費 無料
参加申し込み 件名を「復職支援事例報告会」とし、本文に所属・氏名・日本OT協会会員番号を記入し、下記のアドレスに送付してください。
jaot.shogaifukushi@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4876

作業療法士のためのリンパ浮腫指導研修会

名称 作業療法士のためのリンパ浮腫指導研修会
主催 日本作業療法士協会
日時 【大阪会場】
日時:2017 年 1 月 15 日(日)9:30~17:30 受付時間 9:00~
【東京会場】
日時:2017 年 2 月 5 日(日)9:30~17:30 受付時間 9:00~
場所 【大阪会場】
会場:〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島 1-19-4 CIVI 研修センター新大阪 アクセス:JR「新大阪」駅下車 東口から 50m
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅から徒歩 5 分
【東京会場】
会場:〒111-0042 東京都台東区寿 1-5-9 盛光伸光ビル 日本作業療法士協会 事務局 アクセス:地下鉄 東京メトロ 銀座線「田原町」駅下車 → 徒歩 7 分 地下鉄 都営 大江戸線「蔵前」駅下車 → 徒歩 5 分
詳細URL http://www.jaot.or.jp/post_edu……uunei.html
内容 【概要】
平成 28 年度の診療報酬改定により、リンパ浮腫指導管理料の算定職種として作業療法士の職名が追記 されました。がん患者の増加に伴い、領域を問わず臨床では避けて通れないリンパ浮腫への対応のさら なる充実を図っていく必要があります。 本研修会は、「リンパ浮腫指導管理料」を算定する際に必要となる以下の項目を網羅して構成しており ます。同管理料の算定に関わらず、リンパ浮腫に対応する現職者の積極的な参加をお待ちしております。

【内容】
1 リンパ浮腫の病因と病態
2 リンパ浮腫の治療方法の概要
3 セルフケアの重要性と局所へのリンパ液の停滞を予防及び改善するための具体的実施方法
4 生活上の具体的注意事項 リンパ浮腫を発症又は増悪させる感染症又は肥満の予防に関すること
5 感染症の発症等増悪時の対処方法 感染症の発症等による増悪時における診察及び投薬の必要性に 関すること

【講師】
田尻寿子(静岡県立静岡がんセンター・作業療法士)
吉澤いづみ(東京慈恵会医科大学附属病院・作業療法士)
島﨑寛将(大阪府済生会 富田林病院・作業療法士)
高島千敬(広島都市学園大学・作業療法士)

【参加費】
4,000 円
【申し込み方法】
協会ホームページの研修会案内ページからお申し込みください。
http://www.jaot.or.jp/

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4797

第159回国治研セミナー「高次脳機能障害者支援を包括的に理解する」

名称 第159回国治研セミナー「高次脳機能障害者支援を包括的に理解する」
主催 国際治療教育研究所
日時 2017年2月11日(土)10:00~16:30、2月12日(日)10:00~16:30
場所 大阪アカデミア(大阪市住之江区南港北1-3-5)、(アクセス)地下鉄中央線「コスモスクエア」駅より無料シャトルバス約5分
内容 高次脳機能障害者の方のリハビリテーションを通して社会参加を包括的に支援をしていく体制を理解し、技術を学んでいただくプログラムです。リハビリ、行政、保健、福祉、就労の各専門分野でご活躍の方々に講義をしていただきますので、幅広い内容で実践的なお話しを聴ける貴重な機会です。

【講師】渡邉 修 先生(東京慈恵会医科大学附属第三病院 教授)、ほか
詳細URL http://www.iiet.co.jp/
対象 作業療法士、ほかリハビリテーションに携わる医療従事者、専門職の方
学生の
参加可否
参加可
参加費 2121,000円(2日間) 2名以上でのお申込み1名様20,000円
※修了証をご希望の場合は受講料に500円プラスとなります。
定員 350名
申込み方法 国際治療教育研究所ホームページより http://www.iiet.co.jp/
申込み締切 定員(350名)になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 国際治療教育研究所
〒105-0004 東京都港区新橋6-13-12 木澤ビル4F 
TEL :03-6459-0670 FAX :03-3436-5808
Email :semi@iiet.co.jp

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4791

京都府作業療法士会特別支援教育OTチーム 10周年記念講演会 作業療法の成果と これからの展望

名称 京都府作業療法士会特別支援教育OTチーム 10周年記念講演会 作業療法の成果と これからの展望
主催 京都府作業療法士会
日時 2017年1月22日(日) 9:30~16:30
場所 京都教育文化センター
内容 平成19年から始まった京都府作業療法士会特別支援教育OTチームの活動が、今年で10年目を迎え ました。これまで保育所・幼稚園、学校の先生方と協働しながら、子どもたちの生活の場である園や学校 でより良い過ごしができるための支援を考えてきました。 今回の講演会では、OTチームの10年間の活動を振り返ると共に、全国のOTの取り組み、教育現場に おける作業療法の成果について報告を行います。また、今後の方向性についても考えを深めていきたいと 思います。
プログラム 9:00 受付 9:30 開会 講演 ・特別支援の現状と課題 ・OT協会が目指す方向性 ・特別支援教育におけるOT協会の取り組み 12:00 昼食休憩 13:00 成果報告 ・特別支援教育OTチーム活動報告 ・地域の学校における取り組み ・市町村における取り組み ・特別支援学校における取り組み ・小学校通常学級及び支援学級における取り組み 15:30 シンポジウム 「特別支援教育における作業療法の成果とこれからの展望」 16:30 閉会
会場 京都府教育文化センター 2階ホール 〒606-8397京都市左京区聖護院川原町4-13 ◇京阪電車「神宮丸太町駅」5番出口徒歩3分 ◇市バス「熊野神社前」下車徒歩5分 *会場に駐車場はありません。
対象 対象 教育関係者、特別支援教育に関わる専門職、作業療法士
学生の
参加可否
参加可
参加費 1000円
定員 360
申込み方法 以下のURLから申し込みをお願いします。 フォームズURL: https://ws.formzu.net/fgen/S96705884/
申込み締切 締切:2017年1月8日(日)
生涯教育
ポイント
あり
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 京都府作業療法士会 特別支援教育OTチーム
ot_team_in_kyoto@yahoo.co.jp
備考 お手数をおかけいたしますが、ぜひ多くの方にご参加いただきたく思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4779

1 / 212