«

»

Print this 投稿

作業療法士によるキーパーソン支援―ダブルシステムの視点から-

名称 作業療法士によるキーパーソン支援―ダブルシステムの視点から-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年7月9日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

作業療法においてキーパーソンの存在は非常に大きいものです.高齢者であれば家族の声掛けや関わり方,子どもであれば親のおもちゃの提示の仕方や遊び方など対象者以外の関わりが重要となってきます.ICFでは家族を含む,援助者の存在や態度を環境因子としてとらえ,プラスにもマイナスにもなりうるものとしてとらえています.また,人間作業モデルには,対象者とその家族や介護者双方にアプローチをするダブルシステムという考え方があります.
今回はダブルシステムを最初に提示した笹田哲先生を講師としてお招きして,ダブルシステム,家族や介護者を含めた援助の方法についてお話しを頂きます.貴重な機会となります.是非,ご参加下さい.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 30名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.
※gmail.comからのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名 2017年7月9日 参加申し込み
本文
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年7月5日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5122