«

»

Print this 投稿

事例を通して学ぶ 回復期病棟における人間作業モデルの実践

名称 事例を通して学ぶ 回復期病棟における人間作業モデルの実践
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年3月19日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 笹田哲   (神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

当研究会では,様々な作業療法に関連する理論を紹介していますが今回のテーマは,回復期病棟での人間作業モデル(MOHO)での実践です.

普段の実践にMOHOの考え方をプラスしてみませんか?

複数の事例を通して評価から介入まで学んでいきます.馴染みのあるICFも用いながら,MOHOへと発展させていきますので,MOHOを全く知らない方でも大丈夫です.
「理学療法士との違いが出せない」「クライエントが機能訓練に固執して,生活や作業に目を向けられない」等の悩みを抱える回復期病棟に勤務する作業療法士の皆様の解決のヒントになるはずです!
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.
指定受※ドメイン受信を設定されている方は「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名 2017年3月19日 参加申し込み
本文
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年3月15日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4936