【若手】No.31 作業療法と出会い様々な経験を経て。

 はじめまして。私は身体障害分野の病院で働いて3年目になる作業療法士です。今は急性期病院という分野で障害や怪我を負って間もない方々にリハビリを提供しています。  私が作業療法と出会ったのは高校2年生の冬でした。そろそろ進 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/197

【在学生】第26回 学生が思う作業療法の魅力

 「学生が思う作業療法の魅力」  私は小学生の頃から,ボランティアなどで自分が関わった人が笑顔になることが嬉しく,将来は困っている人を笑顔にさせる仕事をしたいと漠然と考えていました.その後,病気で苦しんでいる患者さんを笑 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/193

【在学生】第25回 私ができる「これっぽっち」

 「また増えたのよ、困ったものね。」  祖父母のそんな呟きを、幼い頃から何度か耳にしていました。核家族化が問題視される中、私の家は二世帯で暮らしております。祖父母に父母、そして私と姉、犬が二匹に猫一匹の計9名での毎日を送 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/189

【中堅】徒然なる思ひ 窪田聡OTR

窪田聡OTR(国際医療福祉大学小田原保健医療学部)  断ることのできない古くからの友人に「作業療法を語って欲しい」という依頼を受け,この文章を書いている.自虐的ではあるが,私が作業療法を語るというのは何とも相応しくない話 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/182

【若手】No.30 作業療法士養成校での主な過程について

 私が作業療法士になりたいと思い始めたのは,高校2年生頃でした.運動部に所属していた私は怪我をすることが増え,「もう少し自分自身で体をケアできるようになりたい」と思っていました.そこから「人間の体について知りたい.そして …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/171

【中堅】作業療法士を目指す方、迷っている方へ 船本有紀OTR

船本有紀OTR(平塚養護学校)  私はここで伝えられることがあるようなOTではないのですが、OTを目指す方の参考に少しでもなればと書いてみることにしました。  OTは高校生から知っていましたが、私には無理だと思っていまし …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/164

【若手】No.29 日々成長!

  私は身体障害領域の大学病院で働く新人作業療法士です。急性期から在宅までと幅広い範囲のリハビリを行っています。悩んでばかりの毎日ですが、充実した生活を送っています。  私が作業療法について知ったのは大学受験勉強を始めた …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/159

【中堅】急性期の作業療法士として働く 森下史子OTR

森下史子OTR(済生会横浜市東部病院)  作業療法士になって15年以上が過ぎました。  作業療法士になる前は、一企業で銀行のATMのソフトウェアを作る仕事をしていました。自分自身が社会人として働く一方で、社会に出られない …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/156