«

»

10月 18 2014

Print this 投稿

No.04 理事:木村修介さんの場合

No.04 理事:木村修介さんの場合

お名前と所属を教えて下さい

木村修介、(医)三喜会 新緑訪問看護ステーション長津田


業務内容(担当部署等)を教えてください

業務内容:地域リハビリテーション部


この部署のやりがいはどんなところにありますか?

県士会活動は会員向けと会員外向けに大別されると思います。
地域リハ部では主眼を会員外向けとしており、作業療法士が環境に働きかけることと同様に、我々が働きやすい環境を整えていくことにやりがいを感じております。


役員になるきっかけは?

以前より地域リハビリテーション部員として活動しており、前理事(部長)の推薦と他部員の賛同をいただけたのでお引き受けいたしました。 


役員になって何か良かったことはありますか?

県士会事業を通じて多くの県士会員と出会えたこと。また作業療法士のみならず、関連職種の方々とお付き合いできるようになったことです。


県士会の存在意義をどのようにお考えでしょうか?

「県士会に入ってもメリットがない!!」という声を伺いますが、私は「県士会に入れてもらっている」という立場の人間です。
見返りを求めるものではなく、自分自身の居場所をつくるために活動させていただいております。


神奈川県士会の“ウリ”は何でしょうか?

細かく説明すると沢山ありすぎるのですが・・・
各部・委員会が自律している点ですかね。
トップダウンではなくボトムアップで事業提案をしております。
もちろん地域リハ部は”ウリ”ですよ!!!


最後に一言お願いします

県士会は会員(作業療法士)のためのものですが、同時に神奈川県民のためのものでもあります。
対外的な活動を通じて、県民が求める作業療法の在り方を把握し、会員のみなさまにお伝えしていきたいと考えております。


ありがとうございました!
平成26年10月18日掲載
 

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/awareness/2014/135