«

»

3月 08 2017

起こっていることがわかる



たとえば
リハスタッフなら
脳血管障害後遺症片麻痺のある方が
歩くのにどれだけ頑張って歩いているか
手を動かすのにどれだけ頑張っているか
トイレ動作やお食事するのにどれだけ頑張っているのか
よーくわかると思う。

それとまったく同じで
私たちにしてみれば
ごく簡単に思える手作業が
認知症のある方にしてみたら
どれだけ頑張って集中しているのか
よーくわかると思う。

ある場面に現れている
その方の障害も能力も特性もわかるということ
何が起こっているのか、わかるということ

それが大事で必要なこと

そうすれば、どうしたらいいのかがわかるもの。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*