Tag Archive: 診療報酬

3月 10 2014

向精神薬 多剤処方を制限・・・診療報酬認めず

向精神薬 多剤処方を制限・・・診療報酬認めず(読売新聞 2014.3.7)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=94241

《概略》

・新年度から薬物依存や重篤な副作用を考慮し向精神薬を多く処方する際は原則診療報酬を認めない方針
・外来では抗不安薬や睡眠薬は3種以上、抗精神病薬または抗うつ薬を4種以上一回で処方した際は請求不可。処方箋料も減額
・入院患者は2種類までしか加算できない仕組みとなる

2月 18 2014

平成26年度診療報酬改定について

平成26年度診療報酬改定について(厚生労働省 2014/2/12)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032996.html

《概略》

・長期間にわたり精神科デイ・ケア等を提供している際の評価の見直し

・重度の認知症患者に対する短期の集中的な認知症リハビリテーションの評価の新設

・急性期の精神疾患患者に対するチーム医療を推進し、早期退院を促すため計画に基づいた医療を提供した場合の評価を新設

・病状が不安定な患者の地域移行を推進する24時間体制の他職種チームによる在宅医療に関する評価を新設

2月 15 2014

平成26年度診療報酬改定について

平成26年度診療報酬改定について(厚生労働省 2013/2/12)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032996.html

≪概略≫
・重点課題は、医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実など
・急性期病棟への専門職の専従配置、介護分野でのリハへの移行に加算も。また維持期リハの見直しも行われた。
・認知症専門医療機関での認知症患者リハビリテーション料が設置される

2月 08 2014

重症向け急性期病床1/4削減へ

重症向け急性期病床4分の1削減へ 医療費抑制で転換(朝日新聞Digital 2014/2/7)

http://apital.asahi.com/article/news/2014020700008.html

≪概略≫
・厚生労働省は、症状が重く手厚い看護が必要な急性期病床について、2015年度末までに約9万床減らす方針を固めた
・急性期ではない患者の入院も目立っていた
・急性期病床以外での看護師不足も招き、批判が強まっていた

2月 08 2014

重度の認知症患者に集中リハビリ 4月から報酬新設

重度の認知症患者に集中リハビリ 4月から報酬新設(産経ニュース 2014/1/30)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140130/bdy14013000540000-n1.htm

 

《概略》

・平成26年度の診療報酬改定で、重度の認知症患者への集中的なリハビリに新たな報酬を新設。

・PT、OT、STが患者とマンツーマンでのリハビリが要件で、担当患者数にも制限を設ける。

・重点的な治療で早期回復を図っていき、4月から適用予定。