«

»

10月 14 2014

「急性期」「回復期」病棟を4分類・・・厚労省、今月から

「急性期」「回復期」病棟を4分類 高齢者寝たきり防止 リハビリ促す(2014/10/4 読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106049

《概略》
・住宅支援、リハビリのため病棟を「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」の4分類し医療体制拡充を目指す
・現行の体制では高齢者医療の病床数が少なく、救急患者や重症患者ではリハビリなどの支援が乏しい
・身体機能の低下した高齢者が寝たきりになりやすいなどから病棟を機能分化することで明確化し対応する