«

»

11月 05 2013

統合失調症:発症の鍵握る物質か

統合失調症:発症の鍵握る物質か 研究グループが確認(毎日新聞 2013/11/3)

http://mainichi.jp/select/news/20131103k0000e040140000c.html

《概略》

・神経細胞の移動を促すタンパク質「ケモカイン」の一種と受容体の働きの低下が行動異常の原因と突き止めた

・統合失調症患者18名の鼻粘膜細胞を調べると一般人に比べケモカインが減少している