会長あいさつ 2015年

4代目会長就任 ~新体制に向けて~

一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之


一般社団法人 神奈川県作業療法士会 会長 錠内広之 今期より会長(代表理事)となります。当会は1981年11月17日に設立され、会長としては4代目となります。どうぞよろしくお願いします。

 作業療法を取り巻く環境はここへきて急激に変化しようとしております。国民や関係職種が我々に要求や期待している事がより具体的になってきている事は間違いありません。今年4月の診療報酬改訂においては、これまでの作業療法の取り組み成果が算定要件として反映されたり、“作業療法”という単語が今までなかった場所に記載されていたりしています。
 これは、これまでの我々作業療法士全体の取り組みの成果であることには違いありませんが、その要求に確実に答えていくことでより安定した作業療法の基盤を固める事ができると考えています。その為にも県士会に加入している事で、県内の他職種に対して作業療法士の“質”の保障をアピールできるような学術的役割は重要と考えます。
 また時代のニーズに合わせた取り組みも重要と考えます。生活行為向上マネージメント推進委員会を立ち上げる事で、日本作業療法士協会と歩調を合わせながら作業療法の役割をより明確にしていきたいと考えています。そして2025年に向けたの超高齢化社会問題として取りざたされる事が多い認知症に関わる作業療法的支援についても、認知症事業対策委員会を立ち上げる事で対応にしていきたいと考えています。




《以前の会長あいさつ》

会長あいさつ (H27.3まで) | http://kana-ot.jp/movement/chairman.htm

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/movement/chairman-2015.htm

会長

会長あいさつ (H27.3まで)

一般社団法人神奈川県作業療法士会会長 渡邉愼一  神奈川県作業療法士会のホームページにようこそお越しいただきました。  神奈川県作業療法士会は、社団法人日本作業療法士協会の県レベルでの組織として1981年(昭和56年)1 …

View page »