休会・復会手続き (正会員)

休会制度について(趣旨)


 出産や育児または介護、長期の病気療養等により、一時的に休職あるいは退職をしている正会員に対し、事由に対して負担なく正会員の資格を継続できるよう、「休会制度」を創設しました。休会中は会費を免除される代わりに、様々な正会員としての権利も停止することとなります。
 休会期間中であっても、休会事由がなくなった場合には、年度途中であっても、途中復会ということも出来ます。


休会期間中停止される権利


  1. 県士会役員・委員・部員等の県士会活動
  2. 県士会ニュースの送付
  3. 機関紙の送付
  4. 生涯教育ポイント発行、現職者研修受講印の押印
  5. 県士会代議員の活動


休会・利用方法:事前に確認が必要な条件


  1. 神奈川県作業療法士会の正会員であること
  2. 休会希望の前年度までの会費を完納していること
  3. 過去休会制度を通算5回利用していないこと
    *注意:途中で、復会した年度も休会制度を1年利用したことになる


休会・利用方法:準備するもの


  1. 休会届 ダウンロード:休会届(PDF)
  2. 休会理由の根拠となる第3者による証明書
    • 出産、育児⇒出産を証明する母子手帳の写しなど
    • 介護⇒要介護状態を証明する書類の写しなど
    • 長期の病気療養⇒医師の診断書の写しなど
    • その他⇒一時的に休職や退職を余儀なくされ、収入がない(もしくは著しく減少する)状態となることの証明書類(職場の休職証明書など)の写し

ダウンロード:休会届(PDF)


休会・提出期限


休会しようとする年度の前年度の12月31日まで

但し、2015年度の休会を希望する場合は、1月31日までとする


休会・提出先(郵送のみ)


一般社団法人 神奈川県作業療法士会 事務局
〒231-0011 横浜市中区太田町4-45第一国際ビル301
※封書の表には、「休会届在中」と朱書きで記載してください


休会・結果通知


 会費納入等の条件や休会届並びに休会理由が根拠となる第3者による証明書等を確認後、審査結果をの通知します。なお、提出された「休会理由の根拠となる第3者による証明書」については後日結果の通知とともに返却します。


復会について


休会期間中の復会については、復会届を提出して下さい。
なお、正会員としての権利は会費納入が確認できた翌日よりとなります。
特に休会期間の延長手続きあるいは退会手続きが行われない限り、翌年度4月1日より自動的に復会することになります。


復会の手続きについて


  1. 自動復会
    休会制度を利用し、「休会制度の延長手続き」あるいは「退会」の手続きを行われない場合は、翌年度4月1日より自動的に復会となります。
  2. 途中復会
    休会期間中において、「休会」の事由がなくなった場合には、年度途中であっても、「復会」の手続きを行うと復会が出来ます。


途中復会の手続き方法


  1. 準備するもの
    復会届 ダウンロード:復会届(PDF)
    年会費の納入
  2. 年会費振込先
    郵便局振込口座 ゆうちょ銀行 横浜本町(029)当座預金 0108360
    口座名義人 「一般社団法人 神奈川県作業療法士会」
    口座名義人(読み) (シャ)カナガワケンサギョウリョウホウシカイ

    * ゆうちょ銀行への会費納入については、復会する年度のみとなります。
    * 次年度からは銀行口座より引き落としとなります
  3. 提出先(復会届:郵送のみ)
    一般社団法人 神奈川県作業療法士会 事務局
    〒231-0011 横浜市中区太田町4-45第1国際ビル301
    * 封書の表には、「復会届在中」と朱書きで記載してください
  4. 結果通知
    復会届および会費納入を確認後、審査の結果を通知します。
    尚、正会員としての権利は会費納入が確認できた翌日よりとなります。

ダウンロード:復会届(PDF)


問い合わせ


氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

県士会員 (必須)
県士会員である県士会員でない

本文 (必須)

スパム防止 1
captcha (必須:半角で入力して下さい)

スパム防止 2
(必須:半角で答えを入力して下さい)


※ 「送信」前に内容を良くご確認ください.確認画面は表示されません.
※ CCにて送信者にも〔問い合わせ〕メールが送られます.内容の確認等にご利用下さい.

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/association/recess.htm